--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04月04日(火)

pureness。 

前にもちょこっと書いたけど、高校の時の友人が音楽界でメジャーデビューした。で、さっきそのブログなどをちょっと見てた。そしたらちょっと頭に浮かんだことがあったので一応書き残してみる。

「有名になって日の目を浴びるとはどんなもんなんだ」と。

とは言っても彼らのようにメディアに取り上げられ活字や映像として万人の目や耳に入れるのは容易いことではない。特に今目指してる職業においては難しい。イチローにステロイドを打たせたとか、ゴジラに間違った心配蘇生をして死なせてしまったとか、映画の撮影で重症を追ったブラッドピットを3日で回復させたとかそういうのがない限りは。

ではちょっとレベルを下げてみるというか視点を変えてみる。

例えば学生時代(小学校~大学)の同窓会があった時、職業聞かれてどんな感じだったら“すごい”ってなるんだろ?プロ野球のトレーナー?メジャーリーグ(NFL, NBA, セリエA)のトレーナー?イチローのパーソナルトレーナー?オリンピック日本代表トレーナー?アフリカで働く孤高のhealth care provider?超有名大学の教授?こんな感じだったら“すごい”って思われるのかなぁ。

彼ら(いきものがかり)がデビューしてなぜかただ高校の友達に過ぎない自分が自慢気な気分になった。自分がすごいわけでもないのに。ただ彼らの友人ってだけ。

では、どんな感じなら俺の友達は自慢気になるんだろ?どんな感じなら「俺(私)、○○で△△やってる××と友達なんだ(だったんだ)」って言うんだろうか?やっぱ上に書いたような感じなのかな?(※○○は所属、△△は職業、××は俺の名前。)

いや、別にそういうところを目指してるわけじゃないんだけどね。それはゴールでも目標でも夢でもなんでもない。ただ有名になるってどんなことだろ?ってちょっと思った。ただそれだけ。

個人的には家族に不自由させないで、家族を幸せにして自分も幸せだと感じられればそれでいいのかなってのが今思う将来像だけども、そうやってちょっと“違う世界の人間”になるというのはどんなもんなんだろってね。

なんだかまとまらない。難しいね文字に表すってのは。でもこう書いたからって「よし、有名になるぞ」って思ったわけではないので。ちょっとしたことからそんなことを感じたので書き残してみた。

注) ちなみに将来の職業がATとは限らないし、仮に有名になったとしてそのステータスがATとも限らない。今の時点でそんな限定するようなことはしたくないので。

そんな思考の後にふとこの曲が浮かんだ。
好きな歌の一つ。

pure soul/GLAY

何不自由のない暮らしだな だけど何か満たされぬ
そんな夜もあるだろう そんな夜もあるだろう
何を恐れているのかも わからず街を飛びだした
必死でつかもうとしている 栄光は大きな意味を
明日に投げかけたとしても 望まない結末もある
繰り返す暮らしの中で 避けられぬ命題を今
背負って 迷って もがいて 真夜中
出口を探している 手探りで

賽を振る時は訪れ 人生の岐路に佇む
共に見た数々の夢を 追いかけ汗を流す仲間もいたな
声を上げ駆ける少年を 振り返る余裕すらなく
擦り切れた若さの残り火 この胸にくすぶらせている
「未だ 夜明けは遠く」

「生きてゆく為の賢さを 今一つ持てずにいるの」と
誰かがふいにボヤいても それはみんな同じだろう
細やかな喜びの為に いくばくかの情を捨てた時
夢を大事にしろよなんて いつからか言えなくなっていた

独りにはなりたくないと 泣き濡れた夜もあったな・・・
あの日々の二人がなぜに こんなにも愛しく見える
ずいぶん遠くへ ずっと遠くへ
2人肩を並べて歩んだけれど

愛は愛のままじゃいられず いつか形を変えるだろう
共に生きる家族 恋人よ 僕はうまく愛せているのだろうか
よくできた解答の果てに 悩みぬく世の中はなぜ?
平凡で手アカのついた言葉でも 愛してると伝えてほしい

親(あなた)の言葉も聞こえなくなるほど 遠くに来ました 
幼い頃の子守歌を手に

夜明け前 独りで高速を走った
過ぎゆく景色 季節 思い憤り全てを越えてみたくて

賽を振る時は訪れ 人生の岐路に佇む
今いる自分を支えてくれた人 この歌が聴こえてるだろうか?
祈るような毎日の中で もっと強く生きてゆけと
少しだけ弱気な自分を励ます もう戻れぬあの日の空

人の優しさに触れた時 なぜか思い出す事がある
初めて独り歩き出した 幼い僕を見つめるその愛

スポンサーサイト
  Feeling  CM-(0) PAGETOP
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。