--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08月17日(日)

pitch count。 

さて、前々から書こうと思ってた投球制限について。
ここアメリカでは投球数の制限が割と厳しいです。
なにもかもがいい加減なこの国で、
なんで投球数だけそうなってるのか分かりませんが。

選手の育成という意味合いを持ってるんでしょうが、
試合の流れに関わらず制限に達したからって、
コロって変えなくてもねぇ。

例えば、
ずっと好投してる投手が、
7回2死で投球数制限に達したとしましょう。
しかもカウント1-1で。
そこで交代ですか?
あと5球投げさせたって変わらんでしょ。

それと、たとえば36球以上投げたら次の日はオフ
という決まりがあった場合、
36球はダメで35球ならオッケーなんですねぇ。

ま、そうでもしないとグレーエリアが大きくなって、
曖昧になってしまうからそういう決まりなんでしょうけど。

で、そこで疑問がいくつか。
イニング間の投球数は?
牽制球は?
バントとかピッチャーゴロの処理数は?
そういうのを考慮してないのに、
公式記録上の投球数だけ数えるの?

前述の例で、35球投げた投手が、
バント処理で全力で1塁か2塁に5回投げたとしてもOK?

ま、とにもかくにも、
ここの野球はちょっとその球数に囚われすぎな気がします。
じゃんじゃん投げまくってる日本の方が、
肩や肘の怪我が少ない気がするし。
そうなってくると問題は球数じゃなくて、
体の使い方とか、投げ方とか、休養日数とか、
そういうのになってくるのかもね。

ちなみに、肩は消耗品という例えがありますが、
僕はそうは思ってません。
きちんと使えば一生に何球だって投げられると思います。
消耗品じゃなくて充電可能なんですよね。

一応誤解のないように補足しておきますが、
日本のがむしゃらに投げまくる方式を
押してるわけではありません。
それはそれで問題はありますから。


まとめると、数に囚われすぎってことが言いたかったんです。

チームの調子は引き続き上々。
別ディビジョンとの試合も明日で終わり、
残り試合すべて首位攻防のようになってきます。
気がつけばあと14試合=2週間なんですねぇ。
すぐそこじゃん。

スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。