--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07月26日(土)

野球経験者あがり。 

以前にも書きましたが、メキシコ湾に面した、
Corpus Christiというところに遠征に来ております。
ここは湿度が高いため、
東京の夏のような蒸し暑さを覚えます。
本拠地のMidlandは乾燥地帯ですので、
その差は言うまでもなく肌が感じ取ります。

で、いざ野球となるとこの湿気が厄介者。
ボールが湿気を含むと指にかかりやすくなるし、
となれば摩擦も増して指に水豆などができたりする。
いつもより余計に指にかかりやすくなると、
チェンジアップなどはコントロールが利きにくくなる。
よってスライダーなどの速めの変化球が多くなる。

ユニフォームも汗びっしょりで重くなるし、
バットも湿気を含んで重くなる。
そしてボールも重くなるから飛距離は減る。
(はずだけど風も手伝ってここではホームラン量産。)

あとは、これは今回気づいたんだけど、
濡れるまでいかずに湿った芝生って剥がれ易いのかな?
ここの球場は芝が短いのもあるけど、
足にかかると簡単に芝が剥がれる。
おかげで外野はボコボコ。

とまぁ気候によっていろいろ影響があるんです。
野球経験者だから分かることも多々有り。

やっぱり大事だと思うんですよね競技経験って。
競技特性を知るってのもそうだけど、
いろいろチームを助けられる。

俺の場合で言えば、
遠投を頼まれれば80m, 100m, 120mなど、
選手の要望に応じて付き合うし、
ブルペンで球受けることもあるし、
先日は打撃投手を務めたし、
今日はノックだってしたし、
ダブルプレーの練習に混ざったり、
バント練習に混ざったり。

それで給料もらってるわけじゃないけど、
できるに越したことはないし、
こちらも楽しんでるからね。
何より、チームの助けになれば。

ちなみに昨日は打撃練習で打たせてもらった。
久々にバット振ったけど結構当たった。
半分以上はヒット性の当たりで、
狙って打った大振りはおよそ110mのフェンス直撃。
Texas Tech大学にいたときに
金属でホームランは打ってたけど、
正直、木のバットであそこまで飛ばせると
思ってなかったから自分で驚いた。
アメリカではとても小さいとされる俺の身体で、
あの当たりが飛ばせたことに選手やコーチも驚いてた。
野球に巨大な身体、筋肉、力はいらないのだ。

とはいえ、筋トレの効果が出てんのかな。
これまでのベストコンディションだった、
高校のときと比べても遜色ないぐらい。
そりゃー上半身、下半身、ファンクショナルを
3日周期でずっと回してればね。
毎日やってる腹筋に関しては高校当時より強いだろう。

話は逸れたけど、
まとめると、やっぱり俺は野球が好きだということです。

お後がよろしいようで。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。