--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01月10日(木)

インターンの意義。 

2点差を追っての9回裏、ランナーを2人置いての一発。
かなり気持ちのよい幕切れでサヨナラ勝ち。
ホームランは逆球がシュート気味に内側に入ってきた感じで、
高くきれいな弧を描いてレフトスタンドへ。

地鳴りのような歓声。
大げさではなく本当に打った瞬間にベンチは空。
チーム全員でホームでお出迎え。

この仕事をしていて(まだ学生なので「仕事」と書くと語弊があるかもしれないが)
これまで何度か鳥肌の立って涙が出てくるようなシーンがあったけど、
今宵もその瞬間の仲間入りでした。
やっぱり僕はスポーツから、野球からは離れられませんわ。

ちょうど今日試合前の練習中に同じことを思ったんですね。
今日は天気が良くて、透き通るような青空が広がって、
そんな中球場の緑の芝の上でで感じるそよ風が気持ちよくて、
そんな所を仕事場にしてで野球に関わっていく仕事。
やっぱ俺の天職だなって。

最近は少し本職から離れたようなことを書いていたので、
ちゃんとメインのインターンも頑張ってますよーみたいなことを少し。

ここの国のsports medicine事情には正直驚かされることばかり。
トレーナーって職があるっつっても、
educationなんてもんはあったもんじゃないんでね。
詳しいことはチーム内の事情であるのに加えて、
挙げれば切りがなくなってしまうので割愛しますが、
まぁそんな状況なので特に技術的に学ぶことってのはないんですね。
あ、でもとは言ってもあるんですよ、ここのトレーナーから学ぶことも。

でも、それよりもドミニカのウインターリーグっちゅーもんは、
メジャー&マイナーリーグのいろんなチームでやってる選手が集まるんで、
それぞれの選手がそれぞれのチームでやってることとかから、
アイディアをもらえるわけですね。
ウォームアップとか、肩の作り方とか、予防エクササイズとか。
目に付いたものをメモにとっておいてるわけですが、
使えそうなもんが多いですよー。

まぁ、それもそうなんですが、インターンというものもこうして場数を踏んでくると、
新しい知識とか技術を学ぶというよりは、
その場、その国、その文化での経験、
一緒に働く人のフィロソフィーとか、そういうもんを得るものになってくるんですね。
今回もそんな感じで、いろーーーーんなことを経験して、感じてます。
現場にいる時間より、ホテルで先輩と語ってる時間とか、
ドミニカで知り合った方々と話してるほうが貴重だったりもしますしね。

同じことを繰り返し書いてますが、
本当にこんな場を与えてくださって感謝感謝です。

ドミニカ人がやる野球、否、、、baseball、否、、、
beisbolというものについても書こうと思いましたが、
ここまでですでに長くなってしまいましたので、
それはまたの機会にしたいと思います。
これもまた面白いですよー。
スポンサーサイト
そんなに日々 出会って 感じて 
考えて 学んで 話して 楽しくて
大きくて 文字にできて
天職みつけて ・・・

 ・・・(^U^*)
[ 2008/01/12 22:24 ] まいこ [ 編集 ]
ホントその通り。
自分は幸せ者です。
[ 2008/01/14 10:08 ] Yoshi [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。