--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月27日(木)

常夏なクリスマス。 

23日にいただいたオフは前回書いたとおり街を徘徊してきました。
街のシンボル、モニュメントに上って今いる街、サンティアゴを一望。
天気も最高でよく見れました。
ってか暑くて汗でまくり。
美術館/博物館も行ってこの街の歴史を少しお勉強。
夜には酒飲みながら青年海外協力隊の方々とドミニカ料理。
楽しい一日でした。

IMG_1968b.jpg


IMG_1972b.jpg


24日はクリスマスの夜に郊外を移動するのは危ないということで、
危険を回避するため移動はせずここにとどまることに。

で、次の25日の朝8時のバスで首都入り。
お世話になっている先輩の友人たちと合流し一路ビーチへ。
60ドルの一日フリーパスで、食べ放題飲み放題だらけ放題。
ビーチバレーで子供たちと遊び、
シュノーケルでもぐって魚たちと戯れ、
疲れたら砂浜に上がってバッフェで飯を食いながらビールやカクテルをグビっと。
夕日も絶景。
至福のひと時でした。

IMG_2004b.jpg


IMG_2001b.jpg


IMG_2012b.jpg


海はめっちゃきれいだった。
遠くから見ればエメラルドグリーン、
近くに行けば透明で海底も見える。

気温はかなり上がって35度ぐらいはあったんじゃないでしょうかね。
日焼けで真っ赤になって体中ヒリヒリなのはご愛嬌。

そんで夜にはもう一人の方と合流して近くのレストランへ。
海の畔で海に浮かぶようなレストランで夕食。
ライトアップされた瑠璃色の海にはなんとエイも遊びにいらして、
なんとも優雅な気分になりました。

時を忘れるというのはあぁいうことを言うのでしょうか。

その後はスペイン記念公園?に行ってコカコーラ協賛の巨大クリスマスツリーを拝見。
その日がクリスマスであることをこのとき初めて思い出したような気が。
そしてその隣の建物はあのコロンブスの家(写真下)。
そう、このドミニカのある島はコロンブスが来た島というわけ。
今にもその家にはコロンブスの子孫が住んでるらしい。

IMG_2032b.jpg


IMG_2037b.jpg


その後カフェに場所を移して1時ごろまでみんなで語り合い。

いやー目的のtranquiloも達成されて、実に楽しい一日でした。
思い出に残るクリスマスとなるでしょう。
スポンサーサイト
  Visit  CM-(0) PAGETOP
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。