--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03月28日(水)

野球。 

今日は出張で高校の野球の試合をカバーしてきた。
何度も書いてるがレベルは低い。
というか彼らは野球を知らなさ過ぎる。
野球では全米でトップクラスの大学リーグ、
BIG12に所属するTTUの野球を見ていても同じ事を思った。

日本の高校、大学野球のレベルがどれだけ高いかを思い知る。
高校野球だけじゃない、リトルリーグから大学、社会人まで、
日本のアマチュアの野球は世界でもトップクラス。
少なくともアメリカのそれよりは遥かに高いレベルにあると思う。
プロ野球も昨年のWBCでそれが証明されたか。

ところで、野球関連ネタで、数週間前の『適者生存』に引き続き、
超一流じゃなくても「成功」できる』(長谷川滋利著)を読んだ。

正直言って、内容はかなり前作と似通ったものだったが、
今回のは彼が引退間際になって
これまでの野球と今後の人生について書かれているもので、
なかなか面白い内容もあった。

僕は野球に関しての知識は相当豊富に持っていると自負している。
ルール、戦術、システムなどの面で。
これは小学校の頃から追い求めてきたし、自負もその時からあった。
そこらへんの(特に日本の)解説者やコーチよりは上な気もするぐらいだ。
そういう職業も悪くないかな なんて。

が、長谷川氏の本を読んで、ちょっとびっくりした。
野球の知らないことがたくさんあったからだ。
あそこまで深く考える野球があったのかと思い知ったのだ。
あまり選手が考える野球を知る機会はないから余計に新鮮だった。
もちろんプロの野球選手全員がそうではなくて、
彼が特別なのかもしれないが、彼の野球哲学は面白い。

今日の昼にそれを読み終えて、
夜に高校の野球を見たからまた見方が違ったのかもしれない。
日本でもプロ野球がスタートし、甲子園も真っ盛り。
もうすぐメジャーリーグも開幕。
僕にとっての春という季節は野球によって告げられる。

自分が心底野球人であることも同時に実感する。

前回、適者生存を読んだときにも書いた気がするが、
長谷川氏の考え方と自分のそれは似通ってる気がする。
ビジネスに興味があることもまた同様に。
それに彼の哲学は面白い。
出来ることなら一度会って話してみたい人物である。

実現させようかな。
スポンサーサイト
  Sports  CM-(0) PAGETOP
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。