--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月29日(金)

世界の人と。 

今日も特に予定はなくって、強いて言うなら車でちょっと出かけたぐらい。
つっても教科書見て、Usedのやつが全然なくって、帰ってamazonで見てみるか
ってことで保留。
その後欲しいと思っていたスペイン語の単語帳を見に行ったところ、
よさげのがあったんだけど、単語の数が多すぎで、配列も微妙で、
他になんかいいのないかなぁって思っていろいろ見てたら、
簡単なハンドサイズのコースブックを発見。
単語帳じゃないんだけど、単語も会話も文法も入ってて9ドル弱だったので即買い。
持ち歩くのにちょうど良さそうな感じ。

今amazonで見たら$8.00だって。。。$8.95の定価で買ったのに。。。
しかもUsedは$0.54~。なんじゃそりゃ。
でもサンディエゴに発つ3日までには欲しかったからいいのだ。
と自分を慰める。

で、帰りにWal-Mart寄ってPBATSのカンファレンス用にYシャツ購入。
無くなってたインクも購入。意外と高い。

大掃除は気分が乗らず明日に延期。
ということでスペイン語と読書とネットサーフィンの輪廻。
読書はこの前買ったBaseball and Philosophyだから英語、
ネットサーフィンは日本語だったり英語だったり。
というわけで言語が頭の中でごちゃごちゃ。
(ってほどまで勉強してないんですけど。)

この前会ったタイ人の子とも話してたんだけど、
元はといえば自分の就職の可能性を広げるために始めたスペイン語。
でもここでちょっと視野を広げて考えてみる。
スペイン語圏の人口は約3億3~5千万人と言われてます。
英語圏の人口は約3億4千万と言われてますからそれに匹敵するわけです。
第二言語話者も含めるとスペイン語は約4億2千万、英語は約10億人となります。
で、何が言いたいかと言うと、その2つの言語をしゃべれるとなると(あくまで仮定)、
第二言語で被る分を差し引いても結構な数の人とコミュニケーションが取れることになります。
それに日本語の約1億3千万人が加わる。
相当数の人間と話が出来ることになりますね。
なんだか素敵じゃないですか?

だって、日本語しかしゃべれなかったらたったの1億3千万人、
世界の50人に1人しかしゃべれないことになるんです。
話がでっかくなりすぎるかもしれませんが、
せっかく世界に65億人も人間がいるんですから、
いろんな人としゃべってみたいじゃないですか。

およそ約9億人と言われる北方中国語も話せたらすごいことになりますね。
Gacktは確か日英仏中韓の5ヶ国語しゃべれるんですよね?
(常任理事国のうちののべ4ヶ国+αかよ・・・すげーな。)

あと、言語関連で長年の疑問。
ウルルン滞在記とか世界丸見えテレビ特捜部とかで、
誰も行ったことがないような国・地域に行きますよね?
で、得体の知れない民族とかと出会うわけですよ。
でもさ、一体全体誰が彼らの言語を訳(通訳)してるわけ?
っていつも思います。
すごくないですか?

言語は人類のみのものではないとは思いますが、
こうしてみてみるとすごいものですね。

話が大きくなりすぎましたが、僕はまずはスペイン語をこつこつと。
春までにちょっとぐらいしゃべれるようになっておかないと嘘つきになっちゃうもんでね。
え?その前に英語やれって?
そうですね(汗)。ま、そちらもこつこつと。

今気付いたけど、今年ってあと2日しかないのけ?
スポンサーサイト
  Feeling  CM-(0) PAGETOP
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。