--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月13日(月)

足元に揺れる花。 

テストはやはり自分が甘かった。
あの教授にあの程度の勉強で立ち向かえるわけがなかった。
ノーマークなところが出てきて、マークしてたところが出なかった。
確実に勉強不足、自分のせい。
ちきしょう。
まぁそれでも90点は割らないと思うので、土俵に足がかかったところで踏ん張ったか。

昨日も書いたけど、知らないことが多いと分かると楽しくなるね。
孫悟空が強い相手を目の前にしてワクワクするような感じか?

一応日本にいたときからアスレチックトレーニングというものに触れてきて、
こっち来て目に見える成長ができて、目標までの半分ぐらいまできたかな
って思ったけど、全然だ。
半分どころか1/4にも届いてないんじゃないか。
まだまだだな。
未知と未経験のものが多すぎる。
が、ゆえに楽しい。

で、テスト終わって次の授業まで時間があったので図書館でインターネットしてたら、
あらびっくりな情報発見。

結局次の授業は教授の風邪により休講になったので、帰って即効それに取り掛かる。
急いでもしょうがないことなのにそれはそれはいろいろ急いで手配しましたとも。
なんだか妄想が妄想を生んで興奮しちゃってね。
ぶっちゃけモノにできる確率は低いんだけど、やらなきゃ道は開けないもんね。
やってみなきゃわかんないぢゃん。
つーか、絶対モノにしてやる。
逃すもんか。
やってやる。

って、何のことかサッパリ分からないと思いますが、それはその時が来たら報告します。

で、先週でJVとfreshmanはシーズンが終わったので、varsityだけプレオフに向けて練習。
JVはvarsityの練習相手に借り出されましたけど。
で練習の終わりの方でコーチの『Trainer!!』の声。
フィールド見てたけど、何が起こったのかさっぱり分からず、
怪我したのは誰だ?とフィールドに入ったものの、誰が怪我したのか不明。
そこで再びコーチの叫び声『お前走れんのか?』

プチッ!!

と久々に切れかかりましたが、なんとか踏みとどまると、手を押さえてる一人の選手。
見てみたら小指の脱臼。middle phalanxがproximal phalanxのdorsal側にshiftしてた。
あーあ、ってな感じでACIが近くにいたので整復は彼女に任せました。

が、戻らず、5分、10分トライするも戻らず。
選手は痛がりまくり。

で、アシスタントに代わりまして、代打ヘッド。
“カクッ”っと、すぐ戻りました。
へぇ~そうやって戻すのかという戻し方で。
勉強になりましたわ。

それにしてもコーチさんよぉ、選手が自分の思い通りに動かない怒りを俺にぶつけてくれるな。
動かせないあんたが悪いんだろ。
そんで誰か怪我したなら叫ぶ前にそれが誰なのか教えろ。
アシスタントもフィールド見てねーし。

ま、いいやもう終わったことだし。

昨日あんま寝てないから今日は早く寝ようと思ったのに結局いつもと同じ。
今日の“発見”のおかげでやること増えたし。
ま、それはいいことなんですけどね。
あーー、テスト終わって気抜けてたけど、研究計画書の提出が迫ってるではないか。

いやーーー充実度が増しますな。

今日の夕方はきれいな夕焼け空でした。
何もないド田舎のこの町の唯一と言ってもいい、良い所は朝焼けと夕焼け(朝日と夕日)。
ホント毎日色も空模様も違くて、365日朝夕写真に収めておきたいぐらい。
今日のは特別きれいだった。
薄い層のまだらな雲が全面淡いピンクに染まり、
夕日と反対側の東に夕焼けが。なんでだろ?
地平線には金箔を貼ったようにオレンジというか金の帯。
デフォルメしてると思われるかもしれませんが、ホントそんな感じでした。
カメラ持ってなかったのが残念でならない。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。