--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月26日(木)

銃社会。 

clinical educationという授業ではそれぞれのclinical site(実習先)で起こった怪我などを報告する時間を取ってるのですが、まぁそれはそれはいろいろあるわけです。

脛骨の開放骨折?(open fracture)、肘の脱臼、脛骨と腓骨の複雑骨折、脳震盪、腸骨稜?(iliac crest)の骨折などなど。もちろんACLやらMCLやらは頻繁で。

で、今日、クラスメートの一人の症例報告。

「Gun shot」

金曜日の夜のパーティーで高校1年生のフットボール選手が放った弾丸がバレーボールの女子選手の大腿部を直撃(故意か事故かは不明らしいが)。弾丸が腿の中を通った筋道も明らかでなおかつ弾丸が腿に入ったままでATRにやってきて、ATと話したら親にバレたくなかったから黙ってたとのこと。結局親を呼び出したらしいですが、親がATRに来た時にその弾丸を発砲した選手がそこでトリートメントを受けてたようで…。ま、、、まぁいろいろありますわな。

ここはアメリカなんだということを再認識しました。

テストはまぁボチボチ。昨日は勉強すっぽかして夜にチャットしちゃいまして、3時間しか寝てませんでした。それでも今日は遠征がなくなったから午後寝れるって思ってたんです。

が、テスト前にヘッドから電話がかかってきて、「Yoshi、JVのaway gameが入ったから行ってくれないか?」と。well,,,,,it happens。

ってことで言ってきました。近場でよかった。しかしながら気温6度。北風が風速30mぐらいでビュービュー吹いてる中での試合となりました。さみーよ。

試合開始早々、相手の選手が倒れる。相手のチームにはATがおらず、自分がフィールドへ。足首の捻挫。軽い捻挫ではなかったのでサイドラインに移動してアイスして評価してラップして松葉杖。2度のATF sprainってとこでしょうか。幸い骨に異常はなく。親が観に来てたので話しました。アイス中、近くにいたオッサンが日本に居たことがあるらしく『イタイネ~』から始まって日本のことちょっと話しました。

で後半、うちの選手が肩というか首の根元の痛みを訴える。MOIは見てなかったのですが、評価して、おそらく鎖骨の骨折だろうということでヘッドに電話。試合も終了間際だったのでとりあえず彼の親と話して、高校のATRに戻ってアシスタントに再評価してもらうことに。やっぱり骨折の疑いがあるということでそのままX-rayを取りに病院に行きました。

なんだかんだで一人で行く遠征はかなりいい経験になってます。最近ちょくちょく書いてますが、自分のassessmentとACIのassessmentの一致率が高くなってます。ちょっとは成長してるのでしょうか。まだまだ知識と経験は足りませんが、こうして成長を実感できるのは嬉しいことです。

あーでも遠征に行く前にヘッドが診てた選手の腹の痛みはよく分からなかったなぁ。骨格筋ではなさそうだった。stethoscope(聴診器)やらpercussionやらで評価してたけど…。ヘッドもちょっと判断しかねてた様子で。臓器系は僕のweak point。勉強せねば。

そう、冬の予定もまだ決まらぬうちに来年の夏の予定が崩れました(泣)。まぁそううまくはいかないもんですね。今のうちに分かってよかったさ。さて、また作戦を練らねば。冬の作戦も早めにアクション起こさないとね。

明日はvarsityのaway gameです。遠征だけど2時間ぐらいかな。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。