--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月12日(木)

フィードバック。 

結局テスト勉強はその後もやらず、30分ほどで挑みました。かなり無謀だった気が…。大学院では最短のテスト勉強時間ですね(underの時はゼロ分があったので)。眠かったしやることあったし疲れてたししゃーないってことで。結果を見てみないと結果はなんとも言えません。

C教授が今日誕生日だったんで授業中に彼が教室に入ってきた瞬間にみんなで♪Happy Birthday♪を歌いました。授業の途中で、「ここまでのところで何かある人?」とのコメントに、『Happy Birthday』と一同。日本じゃあまりないよねこういうの。

で、昨日3時間睡眠だったんですが、高校に行く前に1時間だけ仮眠をとりました。それが超効果的でした。

今日はいるとやりにくいアシスタントがいなかったので、ヘッドと二人三脚でした。でもバタバタしてたなぁ。

5時にJV(A)の試合。→終了と同時に選手が指を脱臼したとヘッドに連絡があり中学生が試合を行ってる中学校へ(車で5分)。→ヘッドが脱臼を治したその刹那、別の選手がasthma attackを被り、それを落ち着かせたその刹那、肘の痛みを訴える別の選手(打撲)。それを評価し終えたその刹那にこれまた別の選手がathma attack。この4連荘によりお母さんとの3者面談×4(俺は見てただけだけど)。→高校に戻って脱臼の選手のキャストを作成。→Freshmanの試合。→終了後すぐにJV(B)の試合@中学校。

はい、計4試合に及びましたとさ。
7度ぐらいまで冷え込んで寒かった~。
途中に飲んだ暖かいチョコレートコーヒーがめっちゃ美味かった!

指の脱臼は親指のCMC関節の脱臼。IPじゃないだけにちょっと厄介。この辺は関節(骨)の形とかが関わってくる。こういうのがあるとanatomyとkinisiologyがよく効くね。そしてキャスト作りは先週labでやったばっか。いいタイミングでフィードバックできてるのがよいね。

ヘッドが治したけど、指を動かすとすぐにまた外れたりで、かなり不安定。計4回ほど外れたりはめたりしてたので、僕もやらせてもらいました。

最後のJVの試合の後も怪我の評価を2人ほど。脱臼とかもそうだけど、やっぱ経験が少ないと感じるのは毎回のこと。俺はヘッドのようになれるのだろうか。とちょっと不安になる。卒業までにどれだけのことを経験できるかが鍵だな。

その後ヘッドにいろいろ聞いてたら10時半に。で、11時に帰宅。

やべーーーめっちゃ眠いのでもう寝ます。

明日はSan Angeloというところに遠征です。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。