--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月01日(日)

球打ち球取り。 

intramuralの大会、フラッグフットボール、テニスに続いてソフトボールに参加してきました。チームは同じく院のATS(1,2年男女混合)。

1番ショート。

攻守共に好きな位置。

3打数2安打2打点2得点。
(レフトオーバーの2塁打×2)
守備機会1 失策0。

正直、全打席オーバーフェンス狙いましたが、両方ともわずかに足りず。2本の2塁打は全力で走れば3塁打でしたけど、、、(←チームメートに怒られました(汗))。1つの凡退は完全な打ち損じ。あれをやっちゃーいかんですね。次はホームラン打てそうな感じ。

チームの方は3回コールドで勝ち。何点取ったか知らないですけど、ルールによりコールドになったから20点差ぐらいついたんでしょう。

久々に“野球形式のスポーツ”をしましたが、俺はやっぱこの類のスポーツが他のどのスポーツより好きですね。打席での1球1球の緊張感とその軌道、守りでの打者が打つ前の打球の読みと一歩。いいですな。

改めて生涯野球人宣言です。

その前後に一応明日のテストの勉強。今日もあんまり集中力なかったけど、まぁ一通り範囲はカバーしたのでよし。あと詰めの部分をちょこっとやっておこうと思います。

昨日もちょこっと書きましたが、この科目(clinical kinesiology)、今はその前の段階で、骨、関節の軟骨組織?、筋、腱&靭帯などの細かい部分をやってます。それぞれの組織がどんな構成で、細胞や分子がどのように配列されてて、固体要素と液体要素がどんな割合で、どのぐらいの力に耐えられるかとか、どの方向の力に弱いかとか、そんなようなことをやってます。後はbiomechanicsですね。物理学を人の身体に応用したもの。筋が骨にくっついてる位置とか角度とかから力の発揮具合を分析するってな感じです。

こういうの、今まで突っ込んで勉強してなかったからちょっと新鮮。biomechanicsはこれまでにもやったけど、新たなことも知れてこれまた新鮮。細胞とか分子レベルで考えるのは不要論も無きにしも非ずですが、こういうのを理解していればmanual therapy(徒手療法)を含むmodality(物理療法)にも生きてくると思います。

今日からどうやら10月に入ったらしい。
今年もあと3ヶ月か?早いな。

明日はフラッグフットボール(2試合)です。

p.s.>ディープインパクト、負けちゃいましたね。生の走りを見たこともないのに勝てると思っていたのは、僕は結局W杯の日本代表や亀田の世界戦のようにメディアに踊らされてただけなんでしょうか。でもあれだけ日本最強と言われてて勝てないとなると今後勝てる馬は生まれ育つのだろうかと不安になる。武豊以上の騎手も。

それにしても4、5000人がフランスの競馬場まで日本から足を運んだとは驚きですね。経済効果は祐ちゃんの青いハンドタオル(ハンカチ?)以上に大きいでしょう。それに近い数が祐ちゃん見たさに国体の野球場にかけつけたというのも驚きですが。

良くも悪くも、競馬は本人(本馬?)のコメントが取れないのがなんとも言えませんね。


さて、そろそろ寝ますかね。

あ、ちげー。テスト勉強の詰めをやるんだった。
スポンサーサイト
  Daily life  CM-(0) PAGETOP
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。