--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09月14日(木)

見るのとやるの。 

今日はclinicalの授業で赤十字のCPR/AEDの講習会がありました。他の協会の資格は持ってるんですが、一応national/global? standardになってる感じの赤いバッテンの資格を持ってた方がいいかなってのと、いくつかCPRや喉のつまりの救助に変更があったようなので出席したというわけです。

まーこれまでに何度か講習を受けてきましたが、やっぱ講習は講習でしかない気がします。幸いにも現場で実際に行ったことはないのですが、どー考えても講習とはいろんな意味で違う気がします。自分がちゃんとできるのかどーかはその場に出くわしてみないと何とも言えませんが。まーでも講習でまともに出来ないやつよりはきちんと講習やったやつの方が実際の場で正しく実践できる確率が遥かに高いと思うので、講習でちゃんとやっておくに越した事はないですよね。

一通りクラスを終え、午後はFreshmanの試合へ。先週と同じくATCが行けない代わりに自分が帯同ってわけ。最後ちょっと冷っとさせられましたが、なんとか勝ちました。ゲーム運び自体は上々だった気がします。これで自分が帯同した時の成績4勝1敗。うちの問題はJVだけのようです。

一人前半に親指を付き指しただか伸ばしたかってやつがいて、本人曰く、どーなったのか知らんけどとにかく痛いっちゅーんで、困ったもの。最初は親指全部痛いっつーからアイスしてみて、そしたら先っぽの方だってことが判明して、チェックしたところ、おそらくsprain/strainだろうと判断。痛みは伴いながらも一通りの動きは出来てたのでフィールドに戻した。

ただ、、、最初痛みを訴えてる時にチェックした時点でfractureを結構疑っていたのだ。アイスしてハーフタイム終えたらだいぶよくなったみたいだし、本人も出来るって言うし、一通りの動きは出来てたし、1st setのレギュラーだったし、戻しちゃったのだが。その時点では最初の疑いよりは結構低かったものの、少なからず疑いはあった。いやー難しいねその判断。しかもそいつWRでテープもsprintも嫌だって言うし。

もし俺が学生じゃなくてヘッドだったらたぶんストップさせてたなって思う。ってことはやはり今日の自分の判断は正しくなかったのかもしれない。帰ってヘッドに見せろって言ったのに見せないで帰ったし。ぜってー来週になってやっぱ痛いっすって言うんだもんなー。

まだまだ経験が足りないんだな。

帰って着替えて飯食う時間もなくテニスのintramuralの大会初戦。組まれたドローでは時間ギリギリ。すぐにコートに入ってちょこっと練習したらすぐ試合。

RecreationalとCompetitiveに分かれてたから後者に登録したんだけども、相手はあんま上手くなくて、1セットを6-0で15分ぐらいで終わらせてやった。4、5ポイントしか取られなかった。ま、予選だしそんなもんかと。決勝トーナメントにいけばだいぶ違うのかな。キックサーブは未だに健在だった。というより前よりキレが増したか。どーでもいーけど、もっと強い相手と競る試合がしたいね。あんまり差がありすぎると、なんだか途中で申し訳なくなっちゃうもんね。って天狗発言してますけど、自分もあんまうまくないっす。ただ、差があるとやりにくいよねって話。

久々に“選手”になったわけですが、やっぱスポーツは観るよりやる方が面白いね。

スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。