--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06月25日(日)

静かな湖畔の。。。 

今日はトライアスロンのヘルプ。朝から町の郊外へドライブ。こんな田舎町なのにもかかわらず全米からレースにやってくる大きな大会。参加者は1400人だとか!?レースはSwim=1.2miles、Bike=56miles、Run=13.1miles。ハーフアイアンマンってとこでしょうか。

湖の畔で行われたのですが、久々に『坂』を見ました。今いる町は超flatなので坂が全くない。

さて、カメラを忘れたのはお約束通り。いつもそーなんだよなぁ。あとでクラスメートにもらったら載せます。

基本的にはゴールラインでの給水とバタッと倒れたり痙攣で歩けない人をテントまで運ぶ役目。テントでは看護学部のみなさんが点滴やらアイスタオルやら傷の手当てやら。

トップの人たちのゴールの時とかは割りと間隔があったりして穏やかだったのですが、やはり混雑したのは中盤。ナースの人手が足りずATもテントでヘルプ。ベッド10台ぐらいに加えてビーチで使うようなリクライニングの椅子およそ60台ほど?が満員御礼。ピーク時は汗だくでした。

点滴終わったぞ~!ストレッチ頼む!止血してくれ~!アイスタオルくれ~!ゲータレード持ってきてくれ!みーずーー!

などなど。

トップはレコードを9分縮める新記録でゴール。最高齢はなんと71歳。これまで69回のアイアンマンレースをやってきたという人も。ほとんどの選手はタイムリミット(8時間半)をクリア。で、スタート(6時半)からそのタイムリミットの8時間半を過ぎると回りは片付けをはじめ、最後のランナーがゴールしたときにはスタートから9時間半が経過し、会場はゴールゲートだけになっててなんだかちょっと可愛そうでした。それでもアナウンサーは実況を続け、我らATは水とゲータレードを用意し、カメラマンもスタンバイで感動のフィナーレでした。

ゲータレードに蜂がたかって大変だったのはご愛嬌。

予想以上にいい経験になりました。影響されやすい自分、来年レースに出てみようかななんて思ってみたり。。。

帰り際に6倍濃縮ゲータレードを持って帰りましたとさ。

そんなわけで明日はテスト。今週の金曜もテスト。時の流れが速い。週末から出かけるとなると金曜のテストまでにオンラインのテストも3回やらねば。あー研究論文の文献も探さなきゃ。youtubeで『うたばん』みて貴さん天才だなんて感心してる場合じゃないな。

今週もがんばっていきましょう。

スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。