--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06月07日(水)

無知の知。 

今日は上腕。骨、筋肉、血管、神経など。anconeusについてちょっと面白い話が聞けたぞ。

labも同じ。lectureでカバーしたところを直後のlabで解剖するのはとてもよいシステム。頭に入りやすい。で、メインとしては上腕の動脈を見つけて判別するんだったんだけど、個人的に肩の構造に興味津々で、動脈はグループのメンバーに任せて一人で肩をほじくってた。机上でやってたことが目の前にvisualizeされるとかなり面白い。解剖もだいぶ上達した気がする。

TA批判はキリがないのでやめておきましょう。

午後はkinesiologyのlecture。テーマは肩関節。anatomyとのリンクがいい具合でこれまたいい感じ。先週も書いたけど、この教授かなり面白い。パワーポイントで手元に資料があると眠くなるもんなのだが、この教授とanatomyの教授のlectureは眠くならん。それどころか資料にない情報がoralでたっぷりと提供されるので手は常に動く。そうして2時間半のlectureはあっという間に過ぎていく。

今までそれなりに知識は上積みしてきたつもりだったけど、あくまでもそれは“つもりだった”。この2つの授業は知らないことがどんどん入ってくる。逆に言うと何にも分かっちゃいないのによく現場でいろんなことやってたなぁという感じ。僕は経験が知識より先に行ってしまってるんですが。

kinesiologyは金曜に第一回のテスト。今日のところは結構複雑だった。たぶんクラス(AT,PT,OT)の半分以上は理解できてないんじゃないかな。あ、僕は理解できましたよもちろん。ベーシックなコンセプトだけ頭に入れちゃえばあとは応用。

まぁkinesiologyは“コンセプト”だから理解しやすいんだけど、anatomyは“暗記”(正確にはこちらもコンセプトが含まれるのだが)だから毎日予習復習しないと置いていかれる。でもこの毎日やらないと置いてかれる感がまた心地よい。むしろこんぐらいで丁度いい。ちなみに僕はMではありません。

reserch methodは先週やった性格判断の結果が帰ってきた。結構当たってた。みんな大学院生なのにも関わらずそこから勉強方法とかストレスマネジメントの助言を受けるあたり、このプログラムがどんなもんなのかが伺える。。。

そんなわけで今日のテニスは勉強のためキャンセル。
フレンチオープンもいよいよ準決勝。
明日は前腕とdermatome。

スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。