--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06月04日(日)

if。 

午前中は家で勉強。
昼飯食ってからは大学院(Health Sciences Center)の図書館で勉強。
夜は事務的な作業。(自分マネジメントも楽じゃないね。)

以上。
今日やったことこれだけ。

じゃぁつまらないからこの前のインターンで思ったことを少し。

インターン中にも書いたがアメリカの野球では特にマイナーリーグはスペイン語圏(中米)から来る選手が非常に多い。そこで野球に関わる仕事(アスレチックトレーナーを含む)に就く人はスペイン語を話せるとある程度のアドバンテージになる。事実、募集要項にもそう書いてある。

それに関連してふと思った。野茂選手がパイオニアとなって以降、日本人選手はどんどんアメリカに渡るようになった。日本のプロから渡米する選手はもちろん、高卒や大卒で渡米し、マイナーリーグで頑張ってる選手を含めれば日本人の数は結構多い。それでも現段階では遠く中米人口に及ばないのだが、今後ますます増えるものと思われる。

例えば日本のプロ、アマの野球選手に

「メジャーリーグに挑戦したい人~~??」

って聞いたらかなりの数の人間が手を上げると思う。そいつらがこぞってアメリカにきたらすごいことになる。で、話をスペイン語のところとくっつけると、将来的に日本語を話せるということがスペイン語と同様にアドバンテージになるという日が来るのではないかなんてことをちょっと思い浮かべてみた。そんなことにはならないのかしら?

希望的観測か。


そういえば、大学院始まっていこうスペイン語を勉強する時間が取れてない・・・。一日30分でもそっちに費やすか。

それでは久々に料理の写真を。

IMG_0679.jpg


この前知り合いの人と話してたときに出てきた“チャンプルー”から勝手に創作した一品。キャベツを炒めてツナ缶を加えて最後に卵を絡めただけの単純手抜き料理。味付けは醤油と砂糖とこしょうだけ(みりん切らしてます)。見た目あんまよくないけど、実は結構美味いよ。ちなみに隣のコーヒーカップは味噌汁。


アメリカではサザエさんは当然放送されてませんが、なんとなくサザエさん症候群の日曜の夜です。

スポンサーサイト
  Feeling  CM-(0) PAGETOP
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。