--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05月20日(土)

Be Professional。 


今日、練習が始まる前の集合でのコーチからのお言葉を二つ載せます。

『昨日ケージ(室内練習場)で打ったやつ手挙げろ。もしくは打ってるのを見たやつ。ボールが転がってたぞ。何で拾わなかった?自分が打っておいてなんで拾わないんだ?そんなの小さな子供だってできることだぞ。これまで何度も同じこと言ってきたはずだ。何でそれが出来ない?何度言えば君たちは分かるんだ?

で、打ってちゃんと片付けたやつ。自分が打った球だけ拾った?それは当たり前だ。それが最低限やることだ。でも自分のとこ以外にボールが落ちてたら拾ったらどうだ?そのぐらいのボランティア精神があってもいいんじゃないのか?スタッフは毎日お前らのために環境を整えてくれてるんだぞ。少しはそれに感謝して自分でも意識したらどうだ?この前○○(メジャーの選手)が打ってたけど、自分が打ったボールじゃない回りのボールまで全部拾って帰ったぞ。それも何も言わずにな。そういう点が君たちとは違うんだ。

とにもかくにも君たちはプロの選手なんだ。プロならプロらしく振舞え。罰として練習後階段ダッシュだ。嫌なら罰金20ドル。連帯責任だからピッチャーもな。以上。何か質問があるやつは後で来るように。』

次。
ピッチングコーチから。

『ちょっとピッチャーと野手に分かれてくれ。野手は右側に出て座ってくれ。ピッチャーはそのまま立ってろ。

野手のみんな、昨日の試合は本当に申し訳なかった。ピッチャーなのにストライクが入らなくて試合をぶち壊した。炎天下の中長い時間守らせてしまってすまなかった。リズムもクソもあったもんじゃなかったな。

俺がいつもこいつら(ピッチャー陣)に言ってることは3つだけだ。

1、ストライクを投げること。
2、打たせること。
3、ゴロを打たせること。

昨日は全くこれが出来てなかった。すべて基本のことだけどな。それはピッチングコーチである俺の責任でもある。だから俺からも謝る。申し訳なかった。今後二度と昨日のような試合はしないと約束する。だからこれからもこいつらのバックで守ってくれ。』

と。
本来は英語ですのでF**KだとかS**tだとかも含まれてましたが、うまく日本語にならないので割愛。

うーむ、何とも歯切れのよいお言葉。聞いてて気持ちがよかった。その後に今日を最後にここを離れるメジャーの選手2人からもスピーチがありましたが、そちらもまた素晴らしかった。マイナーの選手やスタッフにきちんと感謝の意を述べるとこ、さすがですね。一人は英語とスペイン語のバイリンガルでしたが、もう一人は英語だけ。でも頑張ってスペイン語で短い言葉を述べてました。

さて、試合中ですが、2Aだか3Aだかの選手が右手首に打球を受け負傷しました。アイスを巻いてすぐにレントゲンを撮りに向かいましたが、ドクターがいなかったそうな。助手だかレントゲン技師だかには「carpal(手根骨)を骨折してるね。」って言われたそうですが、その選手が持ってかえって来たレントゲン写真には骨折は見当たらなかったんですけど…。うちのATCも首をかしげてましたが、診断は月曜に持ち越しだそうです。チームとの合流がもう間近だっただけに残念な出来事でした。

とりあえず今週も終了。待ちに待った週末です。
今夜はUAの野球の試合を観にいこうと思ってます。で、今は図書館で時間を潰してますが、どうしようかな、一回帰ろうかな。でも往復1時間も頑張る気しねーな。ってな感じで。またキャンパスをちょこっと回ってみようかな。

明日はSabino Canyonとやらに行ってみようと思います。前に家族が連れて行ってくれるようなこと言ってましたが、本当のところは怪しいので、もしその発言が実現されなかったらチャリで行ってみようかなって思ってます。いいツーリングになりそうですしね。

スポンサーサイト
ピッチングコーチ、素晴らしいです。もう言葉はいりませんね。
W杯サッカーの日本代表23人が発表されたときにジーコ監督が「この責任はすべて私にある」と述べていました。
日本で責任を明言しているコーチはどれほどいるのでしょうか。
これらは本当に見ていてすがすがしいというか、爽やかさを感じます。
[ 2006/05/20 20:02 ] おの [ 編集 ]
頑張ってますねぇ☆オレも編入してボチボチやってます♪
MCになって、これから授業やら実習やらで大変やろうけど身体壊さないように頑張ってな!!そしてドンドン色んな経験や知識を積んでおくれ☆そしてJUTAでも率いてくれよ(笑)。

自他共栄的コーチング論、シビレました。日本にもそんなコーチング論を教えてくれる環境があればねぇ。その他にも正すべき課題は数え切れませんが★

では、今後のご健勝をお祈りして、誕生日おめでとう♪
[ 2006/05/21 03:04 ] tsukuba [ 編集 ]
今日本の野球界にはコーチングを勉強する所が皆無で、選手を信頼させることが出来るコーチは、出てくるのを運任せなんですよね。
良いコーチを育てる環境、うちのJ大にあってもいいっすよね><
良いコーチに恵まれた選手は幸せですよね^^
[ 2006/05/21 17:47 ] Ryuta [ 編集 ]
おのくん>
ぶっちゃけここのコーチもどれほどそう思ってるのか分かりませんけどね。日米問わず、コーチには選手の出来に自分の首がかかってることをもっと自覚してほしいです。もしくは選手の出来に首をかける環境を設定してほしいです。

tsukubaさん>
MCとは何でしょう?僕司会業には向いてませんよ。
僕はMではありませんが、道は険しいほど好きです。むしろそういう道を目指してここへ来たのですから、院が楽しみです。JUTAはJ大が雇ってくれるのであれば僕は全然アリだと思ってます。それまでにちゃんと組織として成り立っててほしいものですが。

コーチング論は日米の違いもありますが、やはり個々の問題なのかなって感じもします。アメリカよりはヨーロッパの方が進んでたりもするのかなぁとも思います。

誕生日のお祝いありがとうございました。

Ryutaくん>
かつての選手がそのままコーチになってるようじゃ先は見えてるよね。もっとサッカーに見るようなシステムが野球にあってもいい気がするんだけど。まぁ古き狭き世界だから無理だろうけど。良いコーチがいないから良いコーチを育てる環境はJ大にはできないよ(笑)。
[ 2006/05/22 17:20 ] Shin [ 編集 ]
MC=Master Courseのことです。我々は良くMCやDCと使っているので・・・失礼致しました。
[ 2006/05/22 21:19 ] tsukuba [ 編集 ]
なるほど、そういうことでしたか。すいません。
tsukubaさんもDC頑張ってください。
[ 2006/05/23 15:42 ] Shin [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。