--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07月29日(火)

好調。 

Corpus Christiでは4連勝でスイープして、
8時間ほど北上してFriscoにやってきました。
朝着いて、その日のうちに試合だもんね。。。
もう慣れたけど。

ここはおそらくマイナーリーグでも指折りの球場。
個人的にも好きなところ。
プロモーションもなかなかで、
一試合あたりの観客は8300人ほどで、
2Aでは唯一マイナーリーグトップ10入りしています。

ちなみに、今日の試合は
大リーグの審判が球審を務めました。
なんだか体調不良からのリハビリだそうで。
審判暦27年で大リーグで18年試合を裁いてるとか。
審判着も違ったし、安定したストライクゾーンで、
貫禄アリでした。
やっぱり選手にとっても審判にとっても、
メジャーリーガーというのは雲の上の存在のようです。


うちは今日も勝ってこれで5連勝。
しかも5試合連続2桁安打。
(一昨日は20安打)
なぜかここにきて調子づいてます。

いい若手のピッチャーが2人、
オリンピックに行ってしまったのが痛いですが、
今のピッチングスタッフでも十分でしょう。
ちなみに2人には
「頑張って銀メダル取って来いよ」
と言って送り出しました(笑)。
ホントです。


個人的なところでは、
前回の記事の話とも関連しますが、
体重を更に2キロ落としました。
高校のころに比べるとまだベスト体重じゃないけど、
とりあえずしばらくはこの体重でいきたいと思います。

あと、先日書いたグローブの話、
ついに俺のグローブも壊れてしまいました。
今までは紐が切れるとかぐらいだったので、
紐を通しなおせばよかったんですけど、
今回は革が切れちゃってねぇ。
でも縫って直して使おうと思います。
スポンサーサイト
07月26日(土)

野球経験者あがり。 

以前にも書きましたが、メキシコ湾に面した、
Corpus Christiというところに遠征に来ております。
ここは湿度が高いため、
東京の夏のような蒸し暑さを覚えます。
本拠地のMidlandは乾燥地帯ですので、
その差は言うまでもなく肌が感じ取ります。

で、いざ野球となるとこの湿気が厄介者。
ボールが湿気を含むと指にかかりやすくなるし、
となれば摩擦も増して指に水豆などができたりする。
いつもより余計に指にかかりやすくなると、
チェンジアップなどはコントロールが利きにくくなる。
よってスライダーなどの速めの変化球が多くなる。

ユニフォームも汗びっしょりで重くなるし、
バットも湿気を含んで重くなる。
そしてボールも重くなるから飛距離は減る。
(はずだけど風も手伝ってここではホームラン量産。)

あとは、これは今回気づいたんだけど、
濡れるまでいかずに湿った芝生って剥がれ易いのかな?
ここの球場は芝が短いのもあるけど、
足にかかると簡単に芝が剥がれる。
おかげで外野はボコボコ。

とまぁ気候によっていろいろ影響があるんです。
野球経験者だから分かることも多々有り。

やっぱり大事だと思うんですよね競技経験って。
競技特性を知るってのもそうだけど、
いろいろチームを助けられる。

俺の場合で言えば、
遠投を頼まれれば80m, 100m, 120mなど、
選手の要望に応じて付き合うし、
ブルペンで球受けることもあるし、
先日は打撃投手を務めたし、
今日はノックだってしたし、
ダブルプレーの練習に混ざったり、
バント練習に混ざったり。

それで給料もらってるわけじゃないけど、
できるに越したことはないし、
こちらも楽しんでるからね。
何より、チームの助けになれば。

ちなみに昨日は打撃練習で打たせてもらった。
久々にバット振ったけど結構当たった。
半分以上はヒット性の当たりで、
狙って打った大振りはおよそ110mのフェンス直撃。
Texas Tech大学にいたときに
金属でホームランは打ってたけど、
正直、木のバットであそこまで飛ばせると
思ってなかったから自分で驚いた。
アメリカではとても小さいとされる俺の身体で、
あの当たりが飛ばせたことに選手やコーチも驚いてた。
野球に巨大な身体、筋肉、力はいらないのだ。

とはいえ、筋トレの効果が出てんのかな。
これまでのベストコンディションだった、
高校のときと比べても遜色ないぐらい。
そりゃー上半身、下半身、ファンクショナルを
3日周期でずっと回してればね。
毎日やってる腹筋に関しては高校当時より強いだろう。

話は逸れたけど、
まとめると、やっぱり俺は野球が好きだということです。

お後がよろしいようで。
07月23日(水)

まだ使える。 

今日郵便局に行ったらとあるチラシを見つけました。

Help Pitch In For Baseballと書かれたそのチラシは、
非営利団体のPitch In For Baseballという団体と、
アメリカの郵政局USPSが提携してのプロジェクトで、
使い古しのグローブを寄付しませんか?
というキャンペーン。

将来時間とお金にゆとりができたら、
こういう寄付活動とか野球の普及活動にも、
積極的に携わっていきたいんですよね。

詳しくはこちら。
http://www.usps.com/baseball/
http://pitchinforbaseball.org/

ちなみに、今の俺のグローブも、
もう9年になりますか。
9年?と今数えてみて自分でびっくり。
牛革ではなくラクダの革を使用したグローブ。
今でもいいツヤしていい音鳴らすんですよね。
こいつはまだまだ手放せません。
  Sports  CM-(0) PAGETOP
07月23日(水)

300。 

昨日の試合でうちの選手の一人が、
マイナーリーグ通算300盗塁を達成しました。
史上14人目らしいです。
一概に名誉で偉大な記録とは言い難いような
気もしないではないんですが。
ま、でも一つのマイルストーンということで、
チームでお祝い。

残り試合は40を切って39になりました。
07月20日(日)

身構え。 

さて、またまたサンアントニオにやってきてます。
ホテルや球場、ファンの質などから、
個人的に好きな遠征地ではありませんが、
これが今シーズン最後のサンアントニオ遠征です。

さて、昨日の試合のことです。
三塁後方のファールエリアにあがったフライを追った
ショートストップの選手が壁に激突しました。
ほぼ全力疾走のスピードで。
同選手は両膝と顔面を強打。

フェンスはやわらかいマットで覆われてるものの、
選手の膝はその下の隙間のコンクリート部分に激突。
試合からは退いたものの、無事でなによりでした。
膝蓋骨(いわゆる膝の皿)の粉砕骨折もありえるケース。
ケースによっては野球は最も危ないスポーツになりえる。

上記のケースの場合、打撃音から事故まで、
およそ5、6秒、長いときで7秒はあります。
つまりトレーナーとしても準備ができるわけです。
たとえ見てなくても打撃音を聞いた後で間に合う。

でもピッチャーライナーなどの場合、
160キロ以上、メジャーでは180キロ以上になります。
つまりバットとボールが当たってから、
0.2~0.3秒でピッチャーに当たる計算。
音の伝わるスピードとベンチまでの距離を考えれば、
打撃音が聞こえるとほぼ同時ぐらいに
ボールはすでにピッチャーに当たることになりますね。
当然、トレーナーとしては、
見てなくてはとても間に合わないタイミングとなります。

石ころのように硬い野球ボールが、
180キロのスピードで顔面や頭部に当たったら、
どれほどの大事故になるかは想像に難しくないでしょう。

にも関わらず、それを分かってないトレーナーが多い。
うちのトレーナーもその一人。
アメフトなどの激しいコンタクトスポーツと違って、
野球の場合は油断しがちである。
1シーズンに1度起こるか起こらないかのケース。
それでもアスレチックトレーナーというのは、
first responderとして常に気を張ってる必要がある
と個人的には思っている。

俺は選手と何か話していても、ベンチで遊んでいても、
ヒマワリの種を食べてても、水飲んでても、
中で選手のストレッチなどをする場合を除いて、
試合中おおよそ300回はあるプレーを、
見逃すことのないように心がけている。

予防と処置。
個人的には、アスレチックトレーナーという職業で、
最も大事なことはこの2つだと思っている。
怪我を起こさないという努力は前提で、
予防できない怪我が起きた場合の処置を、
しっかり出来るアスレチックトレーナーになりたいし、
そういう人材がもっと普及して欲しい。
07月16日(水)

お手並み拝見。 

今日北京オリンピックのアメリカ野球代表チームの発表があり、
今のチームから2人の投手が選ばれました。
将来日本で言う沢村賞に当たる、
サイヤング賞を取れる可能性を秘めた2人。
先日、プロスペクト達が集うオールスター、
Future's gameにも選ばれた2人。

アメリカの代表チームはそこから選ばれる感じなので、
日本と違ってマイナーリーグ(2軍以下)の選手で構成されます。

日本はプロの一軍のオールスター軍団で本気で挑んでくるので、
その2人がそれを相手にどこまで通用するかが楽しみです。

となると日本は絶対に負けられないですよね。
個人的にはアメリカを始めとする他の国々をボコボコにして、
圧倒的な強さで優勝して欲しいです。

06年のWBC優勝に引き続き、五輪で優勝、
そして来年のWBCでも優勝。
それが僕の願いであり、できればそれに貢献したいところです。
  Sports  CM-(0) PAGETOP
07月09日(水)

玉子。 

昨日の試合は先発がまたもや8回まで好投。
エラー1つとヒット2本許したのみの108球。
三振の数は12を数えたと思います。
9回にリリーフが1本ヒット打たれたものの、
計4人のランナーを許したのみで31人斬り。
2時間5分の最速試合でした。

で、その後ピッチングコーチと飲みに行って、
ビールを5、6本。
久々に飲んだなぁ。

今日はオフとあって、朝彼女と話したあとに二度寝。
昼まで寝た後、図書館行って、帰って寿司作り。
手間はかかるんだけど、食べたくなったもんでね。
今日は玉子も作って海苔で帯巻いて。
寿司屋みたいにできました。
うまかったー。
満足満足。

さて、明日からサンアントニオに遠征。
そこで4試合やって帰ってきてホームで4試合やって、
またサンアントニオ行って4試合。
なんじゃこのスケジュールは。
サンアントニオで8連戦やっちまえよって感じ。

ちなみに明日から26連戦。
残り52試合で休みは8月に2日あるだけ。
ちゃっちゃかやっちゃいたいもんだ。
  Daily life  CM-(0) PAGETOP
07月06日(日)

芝の上の戦い。 

連勝は4でストップ。
悪くない試合だったんですがね。

今日はウインブルドンの決勝に釘付けでした。
ジムでトレーニングしながら見て、
そのあとトレッドミルで走りながら見て、
ファイナルセット突入でクラブハウスに行って見て、
外に出る時間ギリギリまで見ててやっとこさ決着。
5時間近い死闘。

いやーすさまじい試合でした。
グランドスラムの決勝で顔合わせるのは6回目のようですが、
個人的に一番しびれた試合でした。

ナダルが芝でフェデラーを倒すのを見たかったので、
ナダルを応援してたんですけど、
あのフェデラーの逆境の強さはさすがですね。

でもついにナダルが芝で勝って、
フェデラー政権もそろそろ陰りといったところでしょう。
個人的には第三者の出現を楽しみにしてるんですが。
フェデラーは66試合ぶりに芝で負けたようですね。


さて、日本は今日七夕ですね。
織姫と彦星は天の川を越えて会えるのに、
天帝は太平洋をまたがせてはくれないんでしょうか。
  Sports  CM-(0) PAGETOP
07月05日(土)

ペイトリオッツシリーズ。 

23
3
4

上から、
この3連戦で先発投手が投げたイニング合計
この3連戦で失った点合計
この3連戦で投げたリリーフ投手の数

ほぼ完璧とも言えるスイープ(3連勝)でした。
2試合連続で完封勝ち&3試合とも2時間半以下の試合時間。
独立記念日ということで観客もよく入ってました。
この3連戦はユニフォームも星条旗仕様のものでした。
んで、試合後には花火。きれいでした。

チームの調子は上向きのようです。
07月03日(木)

たまかず。 

2時間15分の今季最速ゲーム。
先発が8回を4安打無失点。
9回もリリーフがきっちり抑えてシャットアウト勝ち。

ホントは80球の投球数制限が設けられていたのだが、
7回を終えて82球。
本人の要望と監督の決断でもう1イニング。
結果92球。

この投球数制限は相変わらずピッチングコーチの頭を悩ませてます。
そして俺の首をかしげさせてます。

時間も時間なので投球数制限についてはまた先延ばしになってしまいますが、
近々文章まとまったら載せますので。

あと書きたいことは大胸筋について。
忘れないようにこうして書いておきますね。
07月02日(水)

分業制。 

一週間ぶりの帰宅。
昨日の試合の後、夜の12時に出発したバスは、昼の12時に到着。
長かった~。
例に漏れず半分以上は寝てましたがね。

家に着いたら12半だっつーんで、バスで寝たことだし、そのままお出かけ。
スタバでキャラメルフラペチーノとスコーンをいただきながら私用を済ませ、
その後は郵便局、モール、スーパーへ。

夕飯はピッチングコーチがイタリアンレストランでご馳走してくれましたとさ。
美味かった~腹いっぱい。

このピッチングコーチ、オフだろうがプライベートだろうが、
野球の話しかしない。
個人的には仕事とプライベートは分けたいので、
ちょっと仕事以外はご一緒したくないのだが、
俺の仕事をよく理解して評価してくれてる人でもある。
で、今日のように奢ってくれるのだ。

Springfieldはいい所だった。
素晴らしいホテル、素晴らしい球場、素晴らしいファン。
やはりカージナルスファンは一番野球をよく知ってる。
ホテルから球場は歩いて行ける距離だった。
いいね歩いて出勤っつーのも。

さて、返球時に足が揃っちゃって右足で2ステップ踏んでしまう外野手、
プロスペクトでしかも2Aのレベルまできてそれはないでしょという感じだが、
なぜかピッチングコーチがその修正にあたってます。
俺に委ねてくれれば修正も出来ると思うのだけど、
それが俺の業務かと言われるとそうでもないので、
口出しはしないようにしています。

俺は俺の仕事をすればいい。
それがこの仕事をストレスなくやっていくキーであり、
いいチーム作りをするにはそういったしっかりとした分業が必要だと思います。
この分業が結果的に協業となる。
が、お互いの領域を侵し始めてるのが今のチーム。
案の定、チームはうまく機能していません。

後半戦、現在最下位です。
残りは58試合。
気がつけば暦は文月なんですね。

できることからちょくちょくと、たんたんとやっていきましょ。
  Daily life  CM-(0) PAGETOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。