--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02月24日(日)

ぼちぼち。 

さて、問題集を解禁して思ったこと。
ちょっとやりかた違ったかなと。
もうちょっと違うやりかたでアプローチができたなぁ。
え、今更手遅れ?
まぁでも後を振り返ってそんなこと言ってもしょーがないんだけど。

でもね、思ったより仕上げには時間がかからなそう。
あと5週間あるし、これから早め早めで仕上げていけば、
うまい具合にいくでしょう。

問題は論文なんだな。
春休み前までにデータと統計終わらせたら、
春休み中になんとか進めて、できたら終わらせたいね。
無理だけど。

まぁでも大学院を早くでるっちゅーのは言い訳にしたくないし、
ここまできたらしっかり仕上げたいよね。
あまりうまいこと実験結果がでなそうなんだけど、
まぁそれはそれでいいでしょう。

話し変わって、
昨日は実習先の高校の地区大会決勝だったんだけど、
負けちゃったわ。
前半は五分五分で折り返したのに、
後半ボロボロ。
涙もボロボロ。
最上級生は引退です。

いつものことながら釣られて涙腺緩む俺。
やっぱ自分の当時の姿とかぶるのかな。
学生スポーツのいいところだと思う。

相手の優勝と共に流れる♪We Are the Champion♪、
これがまた涙と悔しさを誘う。

まぁでも最後にTTUのバスケアリーナで出来て、
いい思い出になったことでしょう。
観客も2000人弱ぐらい入ったんじゃないかな。

ってかうちのアリーナはそれなりに大きくて、
16000人ぐらい収容できるんだけど、
いつも狭い体育館(と言っても日本のよりだいぶご立派)でプレーしてる高校生、
いきなりあんな広いところでやると、
距離感とか狂わないのかなぁとか思ったり。
ほら、今バスケのボードって透明だし。
関係ないのかな?
バスケ素人だからよくわからないけど。
でもバスケがちょっと面白いかなとも思った2日間でした。


さて、ドミニカの海の海中写真を送ってくださったので載せます。
懐かしいな。もう遠い昔のよう。
やや曇りがかってるけど、
たぶんそれはレンズとか光の関係だと思います。

P1130174b.jpg


P1130176b.jpg


P1130177b.jpg


P1130178b.jpg


P1130180b.jpg



さて、今日は大好物のコロッケでも作りますか。
スポンサーサイト
  Daily life  CM-(0) PAGETOP
02月18日(月)

夢の続き。 

前回の進路決定につきまして、
コメントなりメールなりで多く祝辞をいただきまして、
本当にいろんな人に支えられて、
自分は幸せ者だなと思うと同時に、
更なる感謝をこの場を借りてお礼を申し上げます。

とはいえ、あまり実感がないのが本当のところ。
フルタイムではないから?
そうかもしれません。
本当の勝負は来年になることでしょう。
まぁでも特に先を定めずこんな感じで転々とするのもありかなと。
幸か不幸か、独り者ですので、
「いまだからできること」をやっていきたいと思います。

ま、一つゴールを遂げたのは確かですが、
原辰徳監督が引退のときに言っていました。
「私の夢には続きがあります」
と。
当人は好きではないのですが、いいセリフです。
夢の実現とは夢の実現の連続にある
そんな気がします。

ここにきてまたいろんな妄想が膨らんでるんですが、
後になって、
「我が選んだ道に食いは無し」by大野豊
と言える人生を送りたいものです。

とはいえ、まずはBOC(資格試験)。
3月の終わりに受けようかと。
それが受かって初めて一区切り&スタートですからね。
前々から決めていた
「2月17日までにArnheimのまとめを終わらせる」
目標を意地で半ば強引に完結させ、
これにて晴れて問題集解禁です。
Arnheimを一通り終えるまでは問題集を封印していたので。

この時点で残りわずか6週間。
この作戦が幸と出るか否かは分かりませんが、
幸と出すのは他ならぬ自分自身だと思うので、
頑張ってみます。

先週、今週と選手に付き添って
病院や救急救命室に行くことが多い今日この頃ですが、
まだまだ経験不足の痛感の繰り返しです。
こんなんでATCになっていいのかね。
ま、ならなきゃ分からないこと、
ならなきゃ超えられないこと、
ならなきゃ経験できないこともあるだろうから、
まずはなりましょう。

そうそう、ドミニカから帰ってきて一つ気づいたこと。
英語が母国語のように聞こえるということ。
という言い方は大げさかもしれませんが、
かなり聞きやすいし話しやすい。
とは言っても俺の英語なんてまだまだダメダメなんだけど、
それでも電話で話すのとかもう怖くなくなったし、
英語でのコミュニケーションに困ることは激減してるんだなと。
まだまだ全然しゃべれないスペイン語漬けの1ヶ月から戻ったから
そう思うのかもしれないけど、
こういう実感できる成長はいいものです。
留学して3年弱、
3年前に描いてた3年後のレベルには達したかなと。

そしてスペイン語。
機会を見つけてしゃべれる友達としゃべっているんだけど、
こちらはまだまだ。
でも映画とかラジオとか、だいぶ聞き取れるようになったのは確か。
やっぱ現地で過ごすのってでかいね。
英語に追いつくかどうかは不明ですが、
まずは留学1年後の英語のレベルぐらいには持っていきたいね。

先にも書いたけど、
この先のプランがいろいろと広がっています。
やってみたいプロジェクトがいくつか。
こういう妄想は時間を食うけど楽しいものです。
もうちょっと具体化したらまたここで言いますね。
  Daily life  CM-(0) PAGETOP
02月08日(金)

就職決定。 

卒業後の進路がようやく決まりましたので報告します。

Oakland Athletics傘下のAA、Midland RockHoundsにて、
Strength and Conditioning Coach/Assistant Athletic Trainerとして
働くことになりました。
肩書きはインターンですけどね。
ま、でもしっかりお給料も出ます。
親球団のOakland Athleticsは今度日本で開幕戦をやるので、
耳にする機会もあるかと思われますが、メジャーリーグの球団の一つです。

5月卒業ということがネックとなって、
やっぱその時期からプロ野球チームで働くのって難しいのかなと、
半分諦めかけていたのですが、
1月の下旬から立て続けに1週間でなんと3球団と電話面接。
さらに一度A'sに決めて電話を通して口頭では合意に至ったものの、
その直後(2、3分後ぐらい)に某球団からFull timeの面接。
でもいろいろあって結局はA'sを選びましたけど。

一番の決め手はA's側の対応の良さでした。
他の候補者を差し置いて面接を1段階も2段階も早めてくれたこと。
大学院の関係上スプリングトレーニングに参加できないにも関わらず、
いきなり新卒でダブルAのポジションをいただいたこと。
他の球団との交渉も広く容認してくれて、
俺の決断を待ってくれたこと。
一発の面接でいきなり契約交渉をしてくれたこと。
すぐに契約書の発送や衣服、帽子、靴の用意までしてくれたこと。
などなど、本当にありがたい対応でした。

FAの選手の心境が少し分かった気がします。
事実今回もA'sより高い給料を提示してくれたとこもありましたし。
でもやっぱりお金ではなく俺を一番高く評価してくれたところがA'sでした。

本当はAthletic Trainerの仕事がメインで欲しかったのですが、
今までの野球での経験からSCコーチとしての、
パフォーマンスの向上や怪我の予防のアプローチというのも出来るかなと。

過去にSCコーチとしての経験は浅く、
さらにスプリングトレーニングという準備期間を経ないで、
いきなりシーズンインというのはややギャンブルではありますが、
いいチャレンジだと思って頑張ります。

就職活動全部を通して思ったことですが、
今回話をした球団との面接は全て人脈を使ってではなく、
履歴書などから僕の過去の経歴やスキルなどを買われてのもの。
自分がこれまでやってきたことが評価された形となって、
今までやってきたことは間違ってなかったんだと思うと同時に、
ある意味で自信にもつながりました。

というわけで、
大学院は本当は5月まであるのですが、
特例が認められまして、
4月10日のホーム開幕戦から働き始めることになりました。
ちょうど9日がオフなのでその日に引越しかな。
BOCは3月の終わりか4月の頭に受けます。

あ、肝心の場所ですが、
幸か不幸か今いるLubbockから2時間~2時間半ほど離れただけの、
Midlandというところです。
そんなわけで、、、、
West Texasに残留です。
田舎と言われるLubbockよりさらに田舎だと言われますが、
ま、いいでしょう。
どーせ半分は遠征でいないし。

ホントはテキサスから離れたかったんですが、
そんだけ近いから引越しも4月にもう一度あるオフにでも出来るし、
卒業式がある5月16、17日は幸いにしてホームゲームなので、
昼に卒業式でて夜に試合って形にもできると思います。

これでやっと学生を終え、親の脛をかじるのも終え、
ようやく独立となります。
小さなころから思い描いていた、
「スポーツで飯を食う」
という形が実現し、
しかもそれが野球となって思い通りとなりました。

これは自分一人では出来なかったことです。
友人、先輩、後輩、そしてなにより家族、
いろんな人に支えられてやっとここまで来ることが出来ました。
その感謝の気持ちを忘れずに、
さらにそのご恩に応えられるように今後とも精進していきます。

先にこういう形でお伝えすることになってしまいましたが、
時間の都合上日を改めてまたそれぞれに連絡させていただきます。
02月08日(金)

BCがやってきた。 

全米でもトップ10にランクインするBoston Collegeがやってきました。
JV(2軍)だけどね。
それでもうちのチームにとってはかなりの強敵でしょう。
BIG XIIのタイトルとったチームがどこまで通用するか見ものです。

で、昨日はBoston Collegeを空港までお出迎え。
大型のバンとレンタルのトレーラーでリンクまで送迎。
一通りリンクを紹介したあとはホテルへ。
そんで練習のためホテルからリンクまでまた送迎。

昨日は練習だったけど、相手のロッカールームには、
水、ゲータレード、コーヒー、シャンプー、石鹸、タオルなどなど、
すべて用意。
必要なequipmentも医療器具も手助けし放題という、
なんともVIPな待遇でお出迎えです。

というのも今回の対戦はリクルートも兼ねてるからなんですけどね。

今日明日、どこまで通用するかお手並み拝見といたしましょう。
02月04日(月)

勝利の美酒? 

Kansasで行われたBIG XIIトーナメント、
優勝というお土産を引っさげて帰ってきました。

リーグ戦を3戦全勝、チャンピオンシップゲームも完勝。
トロフィーとペナントを持って帰ってきました。

遠征で使ったバスはキャンピングカーみたいなバスで、
前のリビングエリアにはソファー、テレビ、テーブルなどを装備、
そのすぐ後ろにレンジや冷蔵庫などキッチンエリア、
その後ろに両サイド3段×2で12人が寝れる寝台、
その後ろにまたテレビのあるリビングエリアといった感じ。

なかなかいい感じでしょ?

しかーーーーーーーーーーし!

行きに出発して2~3時間でバスのジェネレーターが故障。
テレビもレンジも冷蔵庫もエアコンも、
何もかも電気を使うもんは使用不可能に。
途中で町に寄って修理を試みるもダメ。
結局そのまま退屈なまま12時間突っ走って到着。
エアコンねーからさみーのなんのって。

で、帰りは酒屋に寄って酒勝って勝利の美酒に酔いしれる。

途中レストランバーに寄ってスーパーボウルを見ながら飲み食い。

優勝カップでシャンペンを飲む予定が、
カップのつなぎ目のところが漏れるということでなしに。
ついでに21歳以下の酒の飲み方を知らない若造選手たちが、
かなりの悪酔い。

あげくの果てにドラッグの使用、、、。
匂いにより発覚した時点で、
高速道路にバス止めて路肩に全員整列!
コーチのお叱り。
明日チームミーティングです。

とまぁ道中はいろいろありました。

12時間の帰路を終えて着いたのは朝7時過ぎ。
で、その1時間後の朝8時からテスト。
遠征中全然勉強できなかったけど、まーしょーがない。
出来もさほど悪くはないでしょう。


就職の件ですが、
週末の遠征の間にもいくつか球団と話して、
いろいろじーーっくり考えました。
明日1つの球団に返事をして決定させます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。