--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03月31日(土)

無駄遣い。 

やることが混んできている。
学期終盤に向けて危険な兆候。
To do listを作った方がよさそうだ。
TCUのKがやってたホワイトボードに書くやつ、
あれはなかなかナイスアイディアだ。

それにも関わらずあまり危機感ないんだもんなぁ。
しっかりやれよ俺。

いつまでも あると思うな 暇な時。

もし地球が公転/自転してなかったら、もし太陽がなかったら、
“時”というものは存在したのだろうか。
スポンサーサイト
03月30日(金)

田舎の価値。 

昨夜、ものすごい雷雨に加えて氷が空から降ってきた。
世間はこれを雹と呼ぶ。

図書館で日本語のチューターをしていたのだが、
近くにいた学生が、
「あと10分で雷雨+雹が来るらしいぞ」
というのを聞きつけ、
それを聞いていた我々もこいつは大変だと一目散に帰路へ。
家について約1分後に雷雨、その1分後にバチバチという聞きなれない音が。
ドアを少しだけ開けてみると、一気に10粒以上の氷の粒が玄関に入ってきた。

ちなみに玄関の外には一応屋根がついてるから、
風のすごさもお分かりいただけると思う。

氷の粒は伝説の野球ボール大ではなかったが、
それでも大きかった。

それにしてもここで見る稲妻はすごい。

いつもは砂まみれのこの町もここ数日の雷雨によって湿るどころか、
あらゆるところに新しい池(湖)が。
年中乾いてるこの町には排水システムが整ってない。
道路は簡単に洪水状態になる。

昨日、高校に行ったついでにCIが高校の町を案内してくれたのだけど、
そこは小さく錆びれた町で、This is the west Texasとでも言うかのような町。

最近、ここの大学院に来なかったらこんな西テキサスの地には、
たとえアメリカに留学していても絶対に来ないところだなと思うことが多い。

例えば、ヒューストンやダラス、ニューヨークにロサンゼルスなどの栄えた町には、
観光として行くこともあるだろう。
そういう都会は学会などで行く機会も多いだろうし。
でも今いる西テキサスなんかに来る目的はない。
前述の気候や風土も含め、ここでしか体験できないことって結構あると思う。

もともと都会に住むのは好きじゃないから、
ある意味合ってるのかもね。
遊ぶところも少ないから、勉強するにはもってこいか。
一部では来年のBOC対策合宿も企画されてるとか?(笑)

友人から「遊びに行くねー」などと言われると、
何もないから来るのは金と時間の無駄だと思ってしまう上に、
連れて回るところもないから申し訳ない気持ちにすらなってしまうのだが、
『人に会う目的がなければ一生訪れることはないであろうエリア』
という意味ではそれなりの価値があるのかもとか思ったり。

かなりバカにされることの多いこの町ではあるが、
一度訪れてみてはいかがでしょうか。
  Daily life  CM-(2) PAGETOP
03月28日(水)

野球。 

今日は出張で高校の野球の試合をカバーしてきた。
何度も書いてるがレベルは低い。
というか彼らは野球を知らなさ過ぎる。
野球では全米でトップクラスの大学リーグ、
BIG12に所属するTTUの野球を見ていても同じ事を思った。

日本の高校、大学野球のレベルがどれだけ高いかを思い知る。
高校野球だけじゃない、リトルリーグから大学、社会人まで、
日本のアマチュアの野球は世界でもトップクラス。
少なくともアメリカのそれよりは遥かに高いレベルにあると思う。
プロ野球も昨年のWBCでそれが証明されたか。

ところで、野球関連ネタで、数週間前の『適者生存』に引き続き、
超一流じゃなくても「成功」できる』(長谷川滋利著)を読んだ。

正直言って、内容はかなり前作と似通ったものだったが、
今回のは彼が引退間際になって
これまでの野球と今後の人生について書かれているもので、
なかなか面白い内容もあった。

僕は野球に関しての知識は相当豊富に持っていると自負している。
ルール、戦術、システムなどの面で。
これは小学校の頃から追い求めてきたし、自負もその時からあった。
そこらへんの(特に日本の)解説者やコーチよりは上な気もするぐらいだ。
そういう職業も悪くないかな なんて。

が、長谷川氏の本を読んで、ちょっとびっくりした。
野球の知らないことがたくさんあったからだ。
あそこまで深く考える野球があったのかと思い知ったのだ。
あまり選手が考える野球を知る機会はないから余計に新鮮だった。
もちろんプロの野球選手全員がそうではなくて、
彼が特別なのかもしれないが、彼の野球哲学は面白い。

今日の昼にそれを読み終えて、
夜に高校の野球を見たからまた見方が違ったのかもしれない。
日本でもプロ野球がスタートし、甲子園も真っ盛り。
もうすぐメジャーリーグも開幕。
僕にとっての春という季節は野球によって告げられる。

自分が心底野球人であることも同時に実感する。

前回、適者生存を読んだときにも書いた気がするが、
長谷川氏の考え方と自分のそれは似通ってる気がする。
ビジネスに興味があることもまた同様に。
それに彼の哲学は面白い。
出来ることなら一度会って話してみたい人物である。

実現させようかな。
  Sports  CM-(0) PAGETOP
03月26日(月)

時間×仲間=成長。 

今年もこの時期がやってまいりました。
金曜日からものすごい雷雨が断続的に続いてます。
空から放たれる光、音はすさまじく、
日本では経験できないものであることは確かです。

さて、冒頭の1行目のセリフが、
アメリカ生活もそれなりの時間が経過したことを教えてくれました。
と言ってもまだ2年も経ってないのだけど。

それでも予定期間の2/3が経過しようとしています。
あと1年か。早そうだな。
というのが今の率直な感想。
毎年この時期に出てくる話はBOC(国家試験)。
正確に渡米を決断してから4年。
つまり、当時の5年先のプランまではあと1年。
結構早歩きで歩いてるんだなって思う。

英語は成長してるんだかしてないんだか。
成長してると思う時とそうでない時の波の繰り返し。
最近は成長したなと感じることが多いけど。

4年前に思い描いた状況に今自分がいることをたまに認識することがあって、
なんだかんだで歩を進めてるんだなって実感。

ま、でも楽なことばかりじゃないのも事実で、
だいぶ人間的にもタフになったなって思うこともある。
留学って大変だ。
しっかり卒業して、ATCとなって働いてる人、やっぱすごいなって思う。

ちょっと話は変わりますが、
3つ前の記事に書いたような感情は今週、いつの間にか消えてました。

その中で一つ感じたことが。
友達(クラスメート)の存在って自分にとって大きいんだなってこと。
もちろん自分以外全員アメリカ人だからコミュニケーションも全部英語。
未だにカタコトの英語だから多少なりとも苦労はある。
それでも日本人の友達同様の存在であることに気づいたんだよね。
クラスに言っておしゃべりして、たまに飲みに行って、
一緒に大学のスポーツ大会出たりして。
自分を買いかぶるわけでもナルシストでもないけど、
それを英語で出来ている自分をちょっと尊敬することがある。

日本にいたときも幾度と無く思ってきたことだけど、
自分は仲間に恵まれてるなって。
ちなみに今の院の1つ上の学年は、僕の学年ほど仲が良さそうではない。
お互いの交流もなく、関係は薄そう。
それに対して、僕の学年はホントオープン。
当然、仲のいい者同士のグループってあるけど、
全然垣根なんか無く、みんな仲良し。
foreign peopleである自分に親しくしてくれるみんなには感謝感謝。

そんなことをふと思ったので書いてみました。
あと1年ちょっと、しっかりと地面を踏みしめて頑張ってみようと思う。
ここで出会った仲間と共に。
  Friends  CM-(0) PAGETOP
03月24日(土)

春眠なんとか。 

spring break明けの一週間が終わった。
疲れた疲れた。
週始めに書いた通り、気持ちも不安定でしたからね。

ってか、spring break中のつけが回ってきたのか、
眠すぎ。

今日は授業開始5分前に起床、5分の遅刻。
(それはそれでまたすごいと思うのだが)

昨日も昼寝したらクリニックに遅刻しそうになった。
(結局昼飯食えなかった)

昼寝しても30分のつもりが2時間とかになったり…。

週末にがっつり寝るとしますか。

と言いたいところなのだが、そうもいかないんですね。
明日は地域の高校生向けのathletic training workshop。
ま、いわゆるセミナーみたいなことをやります。
で、その後日本語のチューターでしょ。

でもって日曜日はいつもお世話になってるCIを招いてのパーティー。
そしてその後、というか途中から抜け出して、intramuralのソフトボール。
しかもダブルヘッダー。

濃い濃い。

空いた時間をしっかり使って昼寝、、、じゃなくて勉強しないと。
火曜日にテストが迫ってます。
薬学。
ちょっとまじめにやらないとひどい目に合いそう。
  Daily life  CM-(0) PAGETOP
03月22日(木)

確認。 

昨日、今日とこの町のCI向けのanatomy workshopみたいのが行われました。
ま、anatomyをreviewしましょというよりは、
こんなド田舎でなかなか機会の無いCEUをゲットしましょっていう企画ですが。
講師はATプログラムのDr. S。
プログラムでanatomyを教える人物。
そしてこれまで会ったATCでトップに君臨するであろう人物。

CI向けのものですが、頼んで学生の自分も受けさせてもらいました。
(学生は俺だけでした。)
1日目は肩で2日目は肘と手。
前半講義で、後半は献体を使って説明。
なかなか面白かったです。
忘れかけてたanatomyの知識を思い出せた感じ。
というよりは、意外と頭に残ってた自分にちょっと驚いたり。

自分で言うのもあれですが、少なくともそこらへんのCI(ATC)よりは知識はあると思います。
あねご(女子サッカーのAT)にも、そう言われました。
ま、学生vsBOCから何年も経ったATCを比べるのはフェアじゃないですけどね。
CEUだけ取りに来ました的なCIもいて、話聞かないでおしゃべりしてたりで、ちょっと残念。

スプリングブレーク中に感じたことの一つに、
“ATCになるまでは基本に忠実に”ってことがあって、
昨日今日はそんなことも確認できたかな。

スプリングブレーク中はBOCまであと1年という同世代と一緒に話をしていて、
最近の学生は自分らを含め、advancedな知識、技術を求めすぎる
というようなことを話してました。
言ってみれば、arnheimに載ってないことを知ってても、
arnheimに載ってる基本的なことが疎かになってる危険があるということ。
特に僕は頭でっかちな気がします。
entry-levelの学生に必要なのはあるボーダーラインをバスするための知識。
advancedはそこから。

ま、引き出しは多いに越したことはないので、
advancedな知識を求める貪欲さは常に持っていたいですが、
まずはしっかりと基礎を固めましょってことで。

なんか、来年のBOCまであっという間な気がしてきた。
long way to go in short term。
03月19日(月)

襲ってきた。 

帰ってきてしまいましたLubbockに。(5時間ジャストの新記録付)
このLubbockという町、今回のスプリングブレーク中で散々馬鹿にされました。
ってか、東テキサスの人にはLubbockがどこにあるかすら知られていません。
先日ダラス周辺で砂埃が舞ったそうですが、
その砂はLubbockから風で運ばれたそうで、かなり非難されました。
この場を借りてお詫びいたします。

まぁそれでもここLubbockとFort Worth/Dallasの間には何もなく、
町も人が住んでるかすら分からないさびれた町ばかりで、
Lubbockに着いた時には“Lubbock、都会じゃん”という思いがしました。
僕もこのド田舎をみんなと一緒になって否定しまくってますが、
さっき帰ってきてやけに落ち着く自分がいることに気づきました。
住めばなんちゃらってやつでしょうか。
きっと立体交差も5車線の道路も高層ビルもないからだと思います。

とりあえず疲労困憊なのでsummaryのみで失礼しますが、
10日からFort Worthに出向き、N氏の下、Fort Worth Flyersというチームで、
お手伝い兼勉強をさせていただきました。
NBA Development League(野球で言うマイナーリーグのようなもの)です。

で、15日からチームは遠征に行ってしまったので、
16日に僕はN州から来たKとHoustonまで行ってきました。
H氏の案内の下、NFLのHouston Texansの施設見学兼体験トリートメント&トレーニング。

で、17日の夜にFort Worthに戻り、18日の今日Lubbockに帰りました。
大体走行距離は1200マイル(2000キロ)ぐらいでしょうか。
向こうではあまり僕の車は使わなかったのでそこまで数字もいきませんでしたね。

いやーーーーーーーーー楽しかった!!!!
毎日飲んで、食べて、しゃべって。
さらにはジャグジーに入りながら酒を飲む。
日が変わることなんて気にせず基本就寝は朝。
言葉では伝わらないのが残念ですが、ホント楽しかった。
Athletic Training談議も止まらず。
濃かった。実に濃かった。
あんなに楽しく充実した時間は渡米後初めてかもしれません。

で、昨日も書きましたが、帰ってきて襲ってくるもの、それは・・・

寂しい

分かっていたことで覚悟も十分していたけれど、
虚無感、空虚感、脱力感。
たまらんです。
胸がきゅーーーーってなって死んじゃいそうです。

でもまぁそんなこと言っても仕方ないので、
明日から後半戦、頑張ります。
休み中にたんまり遊んだおかげで後半戦はえらいことになりそうです。
ペーパー終わるのかな。。。
やるしかないですね。

この休み中、気がついたことがいくつもあったので、
それを意識して今後やっていければなと思います。

休み中一緒に過ごしたみなさん、どーもありがとーーー。
最っ高の休みでした!
  Visit  CM-(2) PAGETOP
03月18日(日)

さらばスプリングブレーク。 

18日の朝5時を回りました。
まー、詳しい事は後で書きますが、10日~16日をフォートワース/ダラスで過ごし、
16、17とヒューストンに行ってきました。
で、先ほどヒューストンからフォートワースへと帰って来たわけです。
4時間~4時間半ぐらいのドライブですかね。
感想や写真などは後で書くとして、
とりあえず濃すぎるぐらい濃いスプリングブレークを過ごしてます。
平均睡眠時間は5時間を切ってるのではないでしょうか。

さて、そんな楽しく濃い休みも明日というか今日で終わり。
淋しいです。
僕のこと知ってる人は意外に思うかも知れませんが、
こう見えて実は僕すごい淋しがり屋なんです。
あと1時間ほどしたら空港に友人を送り、
その後寝てからラボックに6時間半ドライブで帰るわけですが、
帰った後の淋しさがすでに怖いです。
ものすごい虚無感に襲われること請け合いです。
本当に嫌なんです、あの感覚。
帰りたくないよーーーー。

そして月曜提出の宿題を含め、これから学期も後半戦。
ビッグなペーパーも書き上げなきゃで、かなり忙しいことになりそうです。
ま、それを承知でのスプリングブレーク遊びまくり旅だったんですが。

おっと、過去形ではないですね。
家に帰るまでが遠足です。
とりあえず詳細などはまた帰ってから書きます。
とりあえず、フォートワースより、最後の更新でした。

あーーーーーー楽しかった。
  Daily life  CM-(2) PAGETOP
03月16日(金)

折り返し。 

どうもお久しぶりです。
10日から僕の街から車で6時間ほど離れたフォートワースに来ています。
毎日かなり濃い時間を過ごしています。
濃過ぎです。
今日からの予定を変更し、明日からヒューストンに行きます。
17日にフォートワースに戻り、18日にラボックへと帰ります。
また落ち着いたらちゃんと書きます。
  Daily life  CM-(0) PAGETOP
03月09日(金)

マジック1。 

今週のテスト3個中2個終了。
残るは明日の一つのみ。
でも明日の科目はAdministration。
教える人間も教える人間なもんで、あまり楽しくない授業。
テストも何を勉強していいか分かりません。
眠くなります。
でもあと一つ乗り切ればスプリングブレークです。
友人たちに会えます。
楽しみです。
頑張ります。

でも明日テスト終わって夜まで陸上の大会をカバーです。
しかも一人で。
ま、てきとーに。
  Daily life  CM-(2) PAGETOP
03月08日(木)

適者生存。 

現在、月曜の、いや、正確には日付変わって火曜の午前0時45分。
(実際には部屋でネットが使えないので翌日以降、学校での更新となるのだが。)
9時間後にテストを控えているにも関わらず筆を執った(?)のは、
書いておきたいことがあったから。
ちなみに最近二つの記事にある通り、いろいろあって今日始めたテスト勉強は、
やっとこさ範囲を一通りカバーしたところである。
(一通りカバーしただけで、大丈夫という変な自信が沸いてしまう悪い癖は以前にも書いた。)

2日前、小包が届いた。
一つ前の記事にも書いたが、“適者生存”という長谷川滋利さん著の本である。
届いたその日に第1章を読み、一日一章で読み進める予定が、面白くて止まらなくなり、
その次の日に第2、3章を読んでしまった。
でも、それはまだよかった。
先ほど、テストの前日というこの日に、ちょっと息抜きをと思って第4章を読んだら、
そのまま読みきってしまった。
全9章で構成されてる本だから2/3をテスト勉強の最中に暢気に読んでしまったことになる。

もちろん、自分が野球人だからというのもあるだろうが、実に面白い本だった。
野球に関することはもちろん興味を持てたのだが、何より彼の文章が面白かった。
作家でもないスポーツ選手があぁいう風に文章を書けるのかと思うと感心する。

今、こうして書いている文章が、
なんとなく彼の影響を受けているような気がするのは気のせいではない。

自分を美化するような表現になってしまうかもしれないが、
読んでいて思ったのは、彼と自分の考えがとても似ていると思ったこと。
異なる点は、僕は実行力に劣ることと、努力をしないこと。

立場、肩書き、状況などは違えど、
アメリカに来て生活してる自分にとって共感することも多く、
彼のストーリーからなんとなく自分がアメリカへの思いを抱いた時の思い、
アメリカに渡った時の思いなどが回帰した。

僕は初めてアメリカに渡った日本人ではないが、
これまで何度か書いた通り、今の大学院のプログラムで始めての日本人、
ひいては始めての留学生である。
偉そうだとか、大したことないだとか思われるかもしれないが、
僕の中ではそれは大きな意味を成しているし、今の大学院を選んだ大きな理由の一つでもあるから、
何と言われようとそこは強調しておく。

野茂選手がどんな思いでアメリカに渡ったかは分からないが、
なかなかパイオニアというものは面白いものである。
一応今いる大学、大学院には日本人が10名ほど、町全体では15名~20名ほどはいるのだが、
観光地も、ハーバード大のような有名な大学もない西テキサスのド田舎なもので、
到底日本人が集まるところではない。
事実、他の州から来た人間を含め、ここに来て知り合った80%ぐらいのアメリカ人にとって、
自分は“初めて会う日本人”である。

話がやや逸れたが、彼の本を読んでいて、いつか僕も自叙伝のようなものを書いてみたいと思った。
別に金儲けをしようだとかそんなつもりは毛頭もない。
日ごろ書いているこのブログとも趣旨が相似するかもしれない。
(誰も僕の自叙なんて気にも留めないかもしれないが。)
また、時にはその必要があると感じることもあるからして書いてみたいと思うのかもしれない。

ま、将来的に出来たらやってみたいなと思う程度で。
といっても、これまでのところ自分の人生なんて野球とAthletic Trainingの2期しかないのだが(笑)。
(ある理由により大学でのテニス(選手)期は大きな分類には含まれない。)
不思議な能力でも何でもないかもしれないが、
野球においての記憶は恐ろしいほど残っている。
小学校何年生の時のvs○○戦の第△打席の内角低目を三遊間に打ったなど。


別観点での感想になるが、本を読むと文章力がつくというのは本当のような気がした。
日本語の本を読んだのは渡米するときに飛行機の中で読んだ時以来で、なかなか新鮮だった。
(もちろん、ネット上で日本語には頻繁に触れている。)
僕は自分で文章力がないことを十二分に理解している。
大学受験で、国立のT大はセンターの国語で、私立のW大は小論文で落ちたことを確信している。
(他の科目等は非公式のボーダーラインは上回ったはず。)
“野球期”はあまり本読まなかったからなぁ。。。
もちろん、これは英語にも通じるところがあると思う。
教科書以外の英語の本を読む時間がなかなか作れないのであるが、
読むと自分の英語の幅も多少なりとも広がる気がする。
もうちょっと時間をやりくりして、読書の時間を作ってみよう。

まぁそんなことをふと思って、明日になったら忘れちゃうかもしれないと思ったので、
パソコン開いて書き留めてみました。
このブログか、もう一つ別にブログ作って、そこで自叙伝みたいの書いても面白いかもね。
ま、そのうち時間ができたら。

さて、勉強再開再開。
  Feeling  CM-(0) PAGETOP
03月06日(火)

2-0。 

えー金曜日から風邪を引いております。
原因は木曜日のバスケと思われます。
金曜日はまだマシだったのですが、土曜日は最悪。
朝起きたときから頭ガンガンで、さみーし、あーこりゃ熱あるなぁって。
それでも野球のトーナメントに強行出勤。
頭ガンガン、咳出まくり、鼻水止まらずで、12時間労働をこなし、帰宅。

腰が痛いのは木金土のsedentaryなベースボールトーナメントのせい。

で、良く寝てから起きた日曜日、症状は改善せず。
でも今週3つもテストが控えてるもんで、勉強しないわけにはいかず、
とりあえず図書館へ。
もちろん、集中力などなく、ちょっとやって終了。

で、6時からintramuralのソフトボールの大会。
こちらは選手として。
チームで唯一野球を本職としている僕なもので、
風邪だろうが熱があろうが断れるワケはなく(苦)。
1番、ショートの定位置。
2打数0安打1四球。という情けない成績。
まぁでもこの日は守備で貢献したということで相殺。
(ちなみに上記打撃成績は風邪とは関係ありません)

蛇足ですが、試合開始第一球のスイングは
これまでの野球人生トップ5に入るであろう振りでした。
見事に下半身から伝わる力、捻り、溜め、いろんなのがリンクして力を生み出した感じ。
なんでいきなりあのようなスイングが出来たのかは不明。
結果?

ファール(笑)

さて、、

火曜日にテストがあるから少なくとも今日=月曜は勉強しなきゃマズだろってことで、
普段は滅多に飲まない薬を昨日の夜と今日の朝に飲みました。
薬飲んだのなんていつぶりだろ。。。
しかもその薬、クローゼットにしまってあったfanny packから取り出したもの。
だって風邪薬持ってなかったんだもん…。
こういうとき、AT専攻であることがちょっと得に思えたりする。
*fanny pack=ポシェットタイプのトレーナーキット

ところで、アメリカの東の方から書物が送られてきました。
とあるところで話していた『適者生存(著:長谷川滋利)』です。
この本、いろいろ話は聞いていましたが自分では読んだことなかったんですね。
で、ちょっと読んでみたら面白くて一気に3章読んじゃいました。

えっと、再度言いますが、今週、3つテストがあります。
そのうちの一つは明日です。
だって教科書読むより面白いんだもん(笑)。

しかものんびり昼にこんなブログ書いてるしね。

ま、いい加減勉強しないとアレなんで、ちょっと真剣に取り組もうかと思います。
適者生存に関してはまた今度書きます。

ちなみに、薬のおかげか、頭痛は治りました。
鼻水はまだ止まりませんが。
  Daily life  CM-(0) PAGETOP
03月04日(日)

スコアラー。 

3日ぶりのネット。
引越し&高校の野球のトーナメントでネットから遠ざかってました。
なんだ、過ごせるじゃんね、ネットなしでも(笑)。

木金土と、実習先の高校で7校を招いて8チームのトーナメント大会。
勝ち残りと負け残りの両方のトーナメントなもんで、3日とも4試合ずつ。
はい、3日10時間労働でした。
ちなみに木曜日には10時20分に帰宅して、
10時半からのintramuralのバスケの試合やりました。
ありえんありえん。息切れ息切れ。

トーナメント中は、練習中にゴールポストにぶつかった選手と、
スライディングして足首を捻挫した選手がいたぐらいで、
それなりに平和でした。
あ、肩の亜脱臼っぽいのが一つあったけど、亜脱臼ではなかったっぽい。

むしろ、僕の役割はもっぱらスコアラーでした。
3日とも公式記録員を勤めました(笑)。

それにしても、レベル低い。
みんな下手糞すぎ。
ま、2Aだからってのもあるのかもだけど。
そして、技術も去ることながら、野球を知らなさすぎ。

3日連続で何時間も座ってたもんで、腰が痛ぇ痛ぇ。
おそらくdiskは酷いことになってると思います。

そして、今日やっと引越し後の片付けが終わりました。
疲れた~~~。
野球のトーナメントのおかげで全然進まずにイライラ。
ま、でもやっときれいさっぱりに片付いたので、テスト勉強に集中できます。

そう、来週3つテストがあるんス。
で、おいら明日からやっと始めるんス。
どうなることやら。
  Daily life  CM-(2) PAGETOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。