--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05月21日(水)

動と静。 

19日の試合の後そのまま遠征に出かけたチームと離れて、
一人残って20日のオフを母親と過ごしました。
ま、事情は話せば長くなるんですが、24日にTulsaへ飛行機で向かって、
チームと合流します。
今回は卒業式といい、母親の相手といい、チームにわがままを聞いてもらって、
感謝感謝です。

で、その20日のオフは車で3時間ドライブして、
ニューメキシコ州のCarlsbad Cavernsという洞窟に行ってきました。

ここは俺も初!
全米最大(級)?の洞窟でめちゃくちゃでかい!
大量のコウモリに出迎えられ、大口を開けた洞窟に入ると、
そこは地底の神秘的な空間。
気温は一年を通じて13度。
全部見て回るのに2時間ぐらいかかった。
ジャンボジェットもいくつか入っちゃうぐらいの大きさの洞窟。
なんと230メートルの深さ!
行きは歩いて下ったけど、帰りはエレベーターで、
超高速のエレベーターでも1分かかった。

何百万年、何千万年、何億年をかけて出来たさまざまな岩の形、
自然の作り出すアートに魅了されました。

外に出れば灼熱の40度。
空がめちゃくちゃ近く感じた。

IMG_2412b.jpg


IMG_2450b.jpg


IMG_2456b.jpg



母親は今朝の早朝の便で日本へ帰国しました。
15日に来てから約1週間、俺の仕事でかなり振り回しちゃったけど、
体力のある母親で、よくついてきてくれました(笑)。

西テキサスのみならずニューメキシコまで進出して、
短期間でウエスタン・カントリーを満喫していただけたかと。
総移動距離は2000キロ近くいったんじゃないですかね?
俺もよく運転頑張った!(笑)

一人行動にも慣れて買い物も楽しめたもよう。
俺が仕事帰ってきたら料理、洗濯、掃除済ませてるし。
旅先でぐらいゆっくりすればいいのに。
ホント感謝してもしきれない母親です。

で、今朝帰国しちゃったもんで一人淋しく恒例の空虚感。
しかも気がつけば今日俺の誕生日だった。
友達に言われるまでそんなこと忘れてたんだけど。
気がつけば結構な年齢を重ねたようで。

そんな誕生日、何したかと言えば、、、
なにもしてません。

寝て、本読んで、食って終わりー。
超非生産的な一日。
料理する気にもなんなかったし。
たまにはこんなのもアリでしょ。

今日読み始めた本、一日で一気に読みきっちゃいました。
ダメージ -復活に賭けたプロ野球トレーナーの戦い
こんなトレーナーという職に焦点が当てられた本があったなんて知らなかった。
なかなか面白くてのめりこんだ。

さて、事情によりあと2日「オフ」があるのでやることをしっかり済ませちゃおう。

新たな歳がいい一年になりますように。
スポンサーサイト
  Visit  CM-(2) PAGETOP
05月19日(月)

凱旋。 

さて、2日間だけ卒業式のためLubbockに凱旋してきました。
1ヶ月以上ぶりの凱旋&みんなとの再会。
2時間しか離れてないところなので楽ですね。
とは言っても先日の試合が4時間ゲームで終わったのは11時。
家に帰ったのは12時過ぎで寝たのは1時半。
で5時半に起きて2時間ドライブ。

1日目はHooding?と言って、
大学院生用の飾りを黒いガウンの上にかけてもらう儀式。
それといろんな賞の授与式も。

で、2日目は卒業証書授与式。
これは日米変わらずつまらん話を長々と。

思ったよりだいぶあっけなかったな。

IMG_2307.jpg


IMG_2314.jpg


とりあえずこれで一区切り。
名前の後ろに文字も加わったことですし、
また新たなスタートとして頑張ります。
って、すでにスタートしてますが。

限られたLubbockでの2日間の間に、
母親をいろんなところに連れて行きました。
と言ってもLubbock内は連れて行くとこなんてないんですけど。

距離と時間と方角的にためらっていましたが、
母親もせっかくはるばる海を越えてきたので、
勢いで今いるOdessaとは逆方面に2時間北上して、
全米第二の規模を誇るといわれるPalo Duro Canyonに行ってきました。

途中ガソリンが底をつきかけて、かなり焦ったけど。
田舎の高速道路なもんで10キロ20キロ走っても、
ガソリンスタンドがなく、、、
ギリッギリのところで見つけて給油。
あぶねーーー!!

で、夜Lubbock戻ってもう1泊。
朝早くに2時間ドライブしてOdessaに戻り、出勤。

デーゲームのあと、母親とステーキ食って、スポーツバーで一杯。
アメリカを満喫してもらわないとね。
ふくよかな人とか、サービスの悪さとか、マナーの悪さとか、
ゴミの汚さとか、、、、アメリカを満喫?

今日は俺の仕事中一人で買い物行くようです。
で、明日のオフを使ってまた観光してきまーす。
  Visit  CM-(3) PAGETOP
03月03日(月)

Wild West Texas。 

週末を利用して2泊3日でRanch(牧場)へ行ってきた。
アイスホッケーのCI(ボス)の親戚がカウボーイ一家だっつーんで、
選手3人も連れて5人でそこを訪問。

プエルトリコとアメリカのハーフのボス、
カナダ人2人、スウェーデン人1人、日本人1人と、
ピュアなアメリカ人がいない5人衆がclasic west Texasを堪能だ。

今いるLubbockから車で南下すること3~4時間。
この3~4時間が遠いと感じなくなってるあたりが怖いね。
道路には鹿がたくさんいてあぶねーあぶねー。

着いた先はだだっ広い牧場。
ホントにな~~~~~~~~~~~~っんにもない。
360度のパノラマ。
あなたは見たことあるだろうか360度ぐるりと一周する地平線を。

IMG_2240b.jpg


どこまでも続く土地。
すべてここのカウボーイ一家の所有。
東京ドーム何個分とかいうレベルではない。
そして牛たちがお出迎えだ。

IMG_2253b.jpg


泊まったカウボーイの家から公道まで、
何と車もしくはバギーで10分以上。
何キロ離れてんだ。

公道に出ても町には小さな錆びれたコンビニが一軒あるだけ。

飯はこいつで調理。

IMG_2221b.jpg


↑見よ馬の蹄で出来た鉄板の取っ手を。

飯を食いつつビールやらCrown&Cokeでほろ酔いになったところで、
こいつ↓で牧場ツアーそして狩り。
夜の2時からね。

IMG_2255b.jpg


IMG_2284b.jpg


牧場には野うさぎがいるのだが、
この野うさぎは穴を掘るしそこらへん食い荒らすし、
カウボーイたちにとっては頭を悩ます存在。
ってことで見つけ次第射殺。
持つは22mm銃口のライフルと38mm銃口のハンドガン。

正直生きるものを撃つのは気が進まなかったのだが、
1羽だけお命を頂戴させていただいた。
すまない。

そしてなんとなんと、バギーのタイヤがパンク。

IMG_2233b.jpg


家からおよそ3キロ離れたところでのアクシデント。
歩いて帰りましたとさ。

で、寝たのは朝5時半。
カウボーイが起きる時間である。

いびきやら爆音のiPodにより朝8時に目が覚めてしまったので、
一人で牧場を散歩していると、
カウボーイのおじさんに声をかけられ、
コーヒーを一杯頂戴したあとは、
カウボーイのユニフォーム、ジーンズに着替えて、
数キロ離れたところにメールやら新聞やらを取りに行ったり、
畑を耕したり、
バギーで牧場内のいろんなところを冒険したり。
牧場というよりサバンナと言うほうが適切か。
銃の練習も。
みんなが寝ている間にカウボーイライフを堪能。
早起きは三文の徳とはこのことか。

朝食も昼飯も前出の鉄板で調理。
もちろん調理するのは俺。
みんなやらないからね。
好きだからいいんだけど。

夜には1時間ほど離れたSan Angeloという町で、
ロデオなどのイベントがあるということで行ってきた。
ロデオは7000人を集め超満員でチケットが手に入らなかったのだが、
設置された移動式の遊園地やらバーを堪能。
めちゃくちゃ多くの人がいたんだけど、
9割はシャツをジーンズにタックインしてブーツを履いて、
ご自慢のカウボーイハットをかぶった典型的なカウボーイ達。

IMG_2275b.jpg


牧場に戻ったのは夜1時。
そこからビール片手にまた野ウサギ狩り。

ところで、一番近い明かりでも数キロ離れてるような何もない牧場、
星がめちゃくちゃ綺麗に見えた。
(俺のデジカメではその星空を綺麗に捉えることは出来ないので、ネット上の写真をお借りする。)

87Xs03ov.jpg


夜空に広がる満天の星。
あれほどの数の星を見たのは初めてだ。
オリオン、北斗七星、カシオペヤ、なんでも見える。
流れ星も多く流れるぞ。
何時間でも眺めていられる、そんな気がした。


翌日はまた鉄板で朝飯作って昼頃に岐路へ。
そんな感じで存分に楽しませてもらった。

日本では、いや、アメリカにいても、ひいてはテキサスにいても、
なかなか体験できないことである。
アウトドアが好きな俺、
悪くないなカウボーイになるのも、うん。

4月から働く先はそこから1時間ぐらいしか離れてないから、
また訪れることにしよう。


おまけ

IMG_2270b.jpg


地平線に沈む綺麗な夕日。
写真で見る以上に夕日はでかい!

IMG_2267b.jpg


ブランコで子供と遊ぶ父親(ボス)の微笑ましい風景。
自分がそうするのが楽しみだ。

IMG_2248b.jpg


西テキサスにお越しの際は是非ご堪能を。
  Visit  CM-(2) PAGETOP
01月14日(月)

贅沢な時間。 

無事にTexasのLubbockに帰ってきました。
ロッキーズの遠征かばんがビリビリに破れていた以外は、
平和に帰ってこれたと思います。

常夏のドミニカから真冬のテキサス。
寒さに戸惑っていますが、こればっかりは仕方ないっすね。

楽しく過ごした後の切なさというか虚無感はいつもの通り。
淋しいですね。
でも今日から早速大学院が始まって、
忙しい最後の学期なのですぐ切り替えなきゃいけないんですけど。
それに帰ってくれば友達がいるってのは幸せなもんです。



帰る前日に行った“遠足”の様子を少し。

日が昇る朝6時前に集まって、
バスを貸し切って一山越えていざ海へ。

IMG_2137b.jpg


何もないサバンナのようなところを2時間ほど。
道は舗装してない道で揺れる揺れる。

で、着いた先は船乗り場。
そこからボートに乗って今度は波に揺られること約10分。

IMG_2159b.jpg


着いたのは無人島!?

IMG_2156b.jpg


藁葺き屋根の小屋がいくつかある島。
エメラルドグリーンの海。
めっちゃきれいでした。
潜ればそこら中に魚がたくさん。
少し泳いで綺麗な珊瑚礁を抜ければ、
そこには数十メートルの深さの神秘な世界。
吸い込まれるような深さにやや恐怖感すら覚えた。
でもそこに差し込む太陽の光、
戯れる魚たち、
ようこそとお出迎えの珊瑚が、
しばらく時を忘れさせてくれた。

昼飯はみんなで持っていった食材で、
浜辺でサンドイッチを作っていただき、
泳いで食って寝そべって砂遊びして、
本当に贅沢な時間を過ごせました。

防水のデジカメを持ってる方がいて、
海の中の写真を撮ってました。
もらったらまた載せたいと思います。

夜はみんなで飯食って酒飲んで、
ドミニカ最後の夜を存分に楽しませてもらいました。

いろんな経験ができて、
いろんな人と出会えて、
いろんなことを感じて、
いろんなことを学んで、
1ヶ月間本当にいい時間が過ごせました。

IMG_2172b.jpg


ありがとうドミニカ共和国。
  Visit  CM-(2) PAGETOP
01月12日(土)

最後の思い出。 

昨日のホームゲームが僕にとってのインターン最終日で、
今日はありがたいことに「最後なんだから」と休みをいただいて、
青年海外協力隊の方々と共に海へ、島へ行ってきました。

めっちゃくちゃ綺麗な海で、
最後の最後にめっちゃいい思い出ができました。

写真を含め、詳しいことをアップしたいところですが、
それはアメリカに帰ってからということで。

そんなわけで、明日アメリカのテキサスに戻ります。
  Visit  CM-(0) PAGETOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。